2024年3月16日 (土)

32bit float 録音入門機 Zoom H1essential

3月初旬に発売された、
ZOOMの新しいハンディレコーダー
H1essentialが気になってましたが、
どこも入荷待ちだったので、
在庫状況が落ち着いてから
手に入れようと思っていました。

Img_20240315_1525501 Img_20240315_1526101_20240321162901

ふと訪れたヨドバシのサイトで、
在庫有の文字を見つけたので、
商品ページに飛ぶと、
どうやらすぐ手に入るらしい。
早速ポチりました。

包装は非常にシンプル。
ZOOMのサイトでユーザー登録すると、
保証期間が1年から3年に延びます。

Img_20240316_090347

32bit float録音機です。
詳しくはwebを参照頂くとして、
ざっくり録音時のゲイン調整は不要です。
小さい音から大きな音まで、
全て記録するという方式らしいです。

もちろん、
マイクの性能を超えると
音が割れる事がありますが、
今までよりも簡単に
録音ができる仕組みだそうです。

Img_20240316_085912 Img_20240316_115201

H1eは結構コンパクト。
小型のICレコーダーと比べても、
マイクの分飛び出している位です。
電池込みで100gを切ります。

マイクの配置はXYステレオ。
屋外や近接の撮影では、
風や吐息のノイズを拾います。
風対策は必須です。

Img_20240316_115130_20240321163201 Img_20240316_115154

音量はダイヤル式なので、
アナログかと思ったのですが、
デジタルでした。

USB-Cに対応しているのが、
地味に嬉しいです。
ただ、データ転送は遅く感じました。

Img_20240316_115113

小さなディスプレイですが、
有機ELパネルでコントラストが高く、
非常に見やすく感じました。

波形表示が地味にかっこいい。
ただ操作系のボタンは小さいので、
少し押しずらいと感じました。

Img_20240316_1150451_20240321163201

裏面はモニタースピーカーと、
金属製の三脚穴(素晴らしいアップデート)。
単4電池2本で駆動します。
私はニッケル水素電池で運用。
USB充電には対応していません。

Img_20240317_2040041

DR-07mk2と比べると、
二回り位大きさが違います。
DR-07もいいレコーダーです。

H1EはD/Aコンバーターが1つのようです。
32bit float録音機は
デュアルD/Aコンバーターを
謳ったものが殆どで、
小さな音担当と大きな音担当の
D/Aコンバーターで対応していますが、
H1Eは1つのD/Aコンバーターで対応みたい。
まぁ、低価格の入門機なので、
仕方のない構成だと思います。

逆に、その割り切が気持ちいい。
あと、WAV記録のみで、
mp3には非対応です。

出力時に単体でノーマライズできますが、
それなりに時間がかかります。

32bit floatデータの扱いとして、
私はフリーソフトのAudacityを
使っています。

Audacity Official

32bit float録音の入門として、
非常にお手軽なH1Eですが、
必要最低限の機能を抑えているので、
(私はこれで満足していますが)
どう使うか迷っている人には、
この機種の機能(性能)を使い切ってから
ステップアップをするというのも
いいのではないでしょうか?

もしステップアップしたとしても、
H1Eは”頼りになるサブ機”になると思います。

USBマイクとしても使えるし、
カメラと接続して外部マイクとしても
サイズ感がいい感じなど、
H1Eのコンパクトさ汎用性の高さは
このパッケージだからこその魅力なので、
価格も含めてガンガン使い倒せる
オススメの機種だと思います。

| | コメント (0)

2023年8月19日 (土)

アドレスV125ベルト交換

30℃越えの炎天下、
ドライブベルトの交換を行いました。

Img_20230818_092644 Img_20230818_093749

樹脂のカバークラッチアウター外し
は余裕だったのですが、
金属製のカバークラッチが、
ガスケットで固着していて、
苦戦しました。

Img_20230818_093751

ベルトの残骸。

Img_20230817_1811011 Img_20230817_1810401

部品は入手済みでしたが、
交換を先延ばしにしていました。
駆動系交換部品は台湾の純正部品。
今回、ガスケットを、
モノタロウのガスケットシートで量産。
デイトナの奴を型紙にしました。

Img_20230817_1948391

結局、穴あけポンチとか買ってしまい、
量産コストはあまり下がらず…。

Img_20230818_1512291 Img_20230818_1513011

ベルトの状況は壮絶です。
いつ、どこから切れても
おかしくない状況です。

ちなみにベルト幅は17.8㎜でした。
新品幅は19.5㎜で、
使用限界は18.9㎜だそうです。

Img_20230818_151223

純正ベルトでも10年以上の経年劣化と、
47,599㎞という無謀な使用では、
こうなる悪い見本です。

一般的には2万キロ毎の交換みたいです。

ウェイトローラーと
スライドピースも交換。
ただ、外した部品は極端に
摩耗している感じはなかったです。

クラッチシュー状態も
まだまだ平気な感じでした。

Img_20230818_1145491

プライマリー(エンジン側)プーリーは、
サクッと外れましたが、
セカンダリー(タイヤ側)プーリーは、
スプラインが錆びで固着していて、
アストロプロダクツで購入した
プーリープーラーで対応しました。

尚、キックペダルの動作も渋いので、
給油したりしましたが、
暑さで朦朧としていたため、
雑な作業で悪化。

キックペダル軸のスラスト軸固定用の
サークリップが変形気味で、
キックのはずみでずれて
ペダルが戻らなくなる状況になってしまいました。

一応、応急処置をしましたが、
サークリップ(市販のC13が使える)
を購入して本気の整備を後日実施します。

まぁ、現状、
キックペダルを使う頻度はゼロなので、
特に緊急性はありません。

締め付けトルク忘備録(K6)
・プライマリー側 50N・m
・セカンダリー側 75N・m
・カバークラッチ(金属) 10N・m
・カバークラッチアウター(樹脂) 8N・m

| | コメント (0)

2021年9月17日 (金)

文具にハマリかける

元々、文具は好きなんですけど、
最近は自分の感性に合ったものを手にしたくて、
色々と模索中であります。

Dsc04589

PILOTのTIMELINE FUTURE
ボールペンなんですけど、
ペン先を繰り出すギミックと、
持ちやすさ、書きやすさのバランスが好きです。

Dsc04592

未使用時はボールペンの先端を
完全に収納できます。

Dsc04593

一回転させると先端部が繰り出されます。

Dsc04598

更にもう少しひねるとペン先が出てきます。
繰り出しの回転トルクや節度が心地いいです。
ダブルアクション繰り出し式…
このギミックが気に入ってます。

Dsc04590 Dsc04600

品名は少し控えめに表示されています。
Made in Japanでリフィルの入手性も問題無し。
アクロインクは、ジェットストリームインクよりも
若干滑らかさが控えめなのですが、
ちょっとジェットストリームが滑りすぎる感じなので、
アクロインクの方が私は好みなんですよね。

Dsc04591_20210917210001

全体的にコンパクトなボディに、
シンプルで美しいクリップが上品で、
いいアクセントです。

実はTIMELINEはもう一本持っていて、
そちらはグリップ部が木なんですよね。

Img_20210917_182856 Img_20210917_183018

定規もいい感じの見つけました。
トラベラーズカンパニー真鍮製の定規です。

Dsc04601 Dsc04602

無垢の真鍮って表面が酸化して味が出てくるんです。
新品時は綺麗な金色ですけど、使っていくうちにくすんでくる。
もちろん、磨けば復活するんですけど、
敢えてその経年変化を楽しむのが面白い。

Dsc04603

刻印された目盛りは、
消えてしまう事は無いので、
どっぷりと経年変化を楽しめそうです。

Img_20210917_183159

重さを量ると26.8g…
樹脂製の定規に慣れてると、
真鍮のズッシリ感が妙に新鮮です。

真鍮文具、マイブームになりそうな予感。
実は、このメーカーの真鍮ペンケースも狙ってます(笑)。

| | コメント (0)

2020年6月13日 (土)

バイク遍歴

普通自動2輪免許を取得して、
久しぶりにバイク回帰してみましたが、
最初に乗ったバイクはホンダのスカッシュでした。

Squash

最高速度は45キロぐらいしか出なかったです。
振り返ると一番長く付き合ったバイクでした。

Gag50

ヨシムラカラーのスズキカーナの中古から、
友人から譲ってもらったGAGに乗り継ぎました。
クラッチ操作に慣れるまでは大変でしたが、
初のディスクブレーキの利きに感動し、
燃費も非常に良かったので、楽しいバイクでした。

その後、ホンダのディオの新車を最後に、
車に移行し、バイクはもう乗ることもないと思ってました。

Dsc01321

でも、またバイクに乗りたくなり、
どうせなら30キロや2段階右折とか、
縛りがない方がいいと思って、
普通自動2輪免許を取得して友人に譲ってもらった
アドレスV125に乗ってます。

車格は原付並みなので、取り回しが楽です。
燃費もいいし、加速も必要十分で楽しいです。

Supercub

いずれはスーパーカブ110に乗りたいと思います。

| | コメント (0)

2020年5月 8日 (金)

LAMY Safari のEFがいい感じ。

PILOTのカクノを愛用しているのですが、
ドイツ万年筆が気になって、
LAMY サファリを買いました。

P1100942 P1100944

純正のコンバーターと一緒に注文です。
製品パッケージは紙製だったのですが、
なんともいい感じでした。

Dsc01924 Dsc01925

軸にあるロゴもかっちりしています。
全体にザラザラしたマットな感じです。
インク窓がついているのがポイントです。

Dsc01926

コンバータの軸が赤いのがかっこいいです。
ロゴもしっかり刻まれています。

Dsc01941 Dsc01937

カクノと違う点はキャップにクリップがついてます。
しかも結構丈夫そうな感じです。
ペン先は黒くなってました。

Dsc01943

インクはPILOTのBlueBlackを入れます。

Dsc01950 Dsc01949

ペン先はカクノがFでサファリはEFなんですが、
サファリのEFはカクノのFよりも太いですね。
Mに近いです。ちょうどいいかも。
書き味に引っ掛かりもなくスムースでした。

| | コメント (0)

2018年12月31日 (月)

色の無い世界(OLYMPUS EP-1)

Pc311919

OLYMPUSの比較的古めのマイクロフォーサーズを使っています。
カメラに内蔵されたアートフィルターで撮影すると、
日常が別世界になることがあります。

Pc311922

色の無い世界。

フルカラーの世界が日常だとすれば、
白と黒の世界は色情報が欠落しているので、
それ以外の情報に焦点があてられます。
Pc311936 Pc311938

そこは非日常の世界。

今まで色に埋もれていた情報が、
強烈に浮かび上ががり、
自己主張してくるのです。
Pc311942 Pc311976

OLYMPUSのキャップレンズの広角で撮影しています。
9㎜のF8なんですけど、35㎜換算で18㎜なので、
画角は100°・・・結構歪んだ世界です。
Pc3119791

順光だと、ほぼ間違いなく
撮影者の影が映ります
頃合いのよい撮影ポジションが
なかなか難しいところです。

Pc3119861
粒状フィルムっぽいエフェクトも掛かっているので、
少しレトロな印象になります。
ただ、カメラの処理能力いまいちなので、
撮影後のフィルター処理時間で3秒位待たされます。   

Pc312001 Pc312007

広角レンズはパースがキツイので、
単調な画像を量産していまいがちですが、
内蔵されたフィルターを利用することで、
相乗効果でいいアクセントが付けられる思います。
ただ、特殊なレンズ以外に標準ズームを持っていくと、
撮影の幅が広がって何かと便利だと思います

Pc312010

光と影は実像と虚像のような関係で、
お互いが存在する事で成立しているのですが、
時に、虚像が実像をより際立たせる瞬間があり、
撮影していて実に面白いです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年10月17日 (水)

ガス式半田コテは結構使える

朝晩、涼しくなり、
秋めいてきました。

Dsc01305

gootというメーカーのガス式半田コテを手に入れました。
屋内ではHAKKOFX-600という温度調整式を使っています。
コードレスでは同じくHAKKOの電池式(FX-901)を使ってました。
ただ、寒い時期の屋外では電池式はパワー不足のようで、
今回のガス式(GP-101)を試してみました。

Dsc01307

キャップには着火用のフリントが内蔵されています。
天空の城ラピュタに出てくる
ロボット兵のようなこて先は交換可能です。
Dsc01308

専用のガスを注入して使用します。
着火から30秒程で使える状態になります。
1回のガスチャージで45分間使えるそうですが、
ホビーレベルだと120g入りのガスボンベは、
相当持ちそうな感じがします
Dsc01309

着火すると先端のバーナー部が赤くなります。
ここから出る熱で熱収縮チューブを収縮させる事もできます。
コードレスでハイパワーでコンパクト。
期待以上に活躍してくれそうです
Dsc01310

寒い時期の前に
ハクキンカイロをチェックしました。
私の使っているのはZIPPOバージョンです。
購入してから10年以上経ってますが、
機能に問題無しの頼れるアイテムです。

去年辺りから燃料の専用ベンジンが姿を消し、
非常に困ってましたが、
今年からメーカー推奨の代替品が登場しました
火口は交換用の部品がホームセンターで入手可能、
内部の綿は薬局で購入して詰め替えました。
フリースのケースもネットで購入できるので、
長く付き合える私の冬の定番アイテムです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018年7月23日 (月)

バイクのリアケースを交換しました。

アドレス号の復活作業も大詰めです。
しかし、取り付けた安価なリアケースがカギ不良で返品・・・Orz

Dsc01053

もうちょっといいの買わないと・・・と思って、
Giviにしようかと思ってたところに、まさかのSHADです。
SH26という型番で5千円位で購入。
26リッターで小さすぎるかな?と思ったのですが、
アドレス号の小さな車体に程よくマッチしています。

Dsc01050 Dsc01051

日本語の取り扱い説明書は無いのですが、
ベースの取り付けは、悩まず作業を進めることができました。   

Dsc01064_3

(不良返品したケースに比べて)非常にしっかりした作りだし、
カギでロックかけなくても開け閉めできるところが地味に便利。

あとは怪我した右手の指が完治すれば、
夢のツーリングに走り出せます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017年4月 7日 (金)

開局までの道のりは長く・・・

3月に受験したアマチュア無線の免許証が送られてきました。
プラスチックカードでしっかりした作りのもの。

Soum1_2 Soum2_2

同封のお知らせには「簡単、おトクで便利」な、
電子申請の紹介のチラシが同封されてました

おおっ、さすがネット時代。
アマチュア無線もデジタル化の波が訪れているし、
これは電子申請で決まりでしょ!

総務省の電波利用・届出システムLiteにアクセス。
必要事項を入力し、「さぁ、VX-3を登録するぞ」と画面を見ると
審査の為「IDとパスワードの発行に1週間かかります」との表示。
しかも、ハガキで送られてくるという妙にアナログな感じ。

結論としてはIDとパスワードが届いてから、
初めて開局申請が可能になります。
ぐぬぬ・・・道のりは険しいですね。

P1130123

まぁ、気分を入れ替えて、
購入したまま放置していたEVERNEW
チタンアルコールストーブ EBY254の火入れを実施。
一発で程よいチタンブルーに染まりました。

火入れ式の際、ラーメンを茹でていたのですが、
沸騰し鍋からこぼれた煮汁がEBY254に直撃するハプニング発生。
しかし、火は消えずに調理は継続できました

P1130010

春満開になってきたので、アルコールストーブを携えての
外ラーツアーにでも行きたくなりますね

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年10月22日 (土)

チェキ待望のモノクロフィルム

P1090948

チェキ待望のモノクロフィルムが発売されていましたので、
どんなものかテストしてみたいと思いました。

P1090952

10月24日は文鳥の日だそうで・・・
22日(土)に吉祥寺の文鳥祭りに行ったのですが、
会場は長蛇の列で入場を断念しちゃいました
文鳥の”かぶり物”を被った人まで並んでて、
狭いエリアですが、皆の文鳥愛を我が身にチャージしつつ、
会場をスルーしてきました

P1090958 P1090960

吉祥寺は良い被写体に溢れていますが、
ありふれた風景を撮影してどんなものか試します。

Img_0012 Img_0004

基本的にピントの甘い眠い写真なのですが、
モノクロフィルムは昭和チックな感じを漂わせ、
なんだかとても新鮮です。

Img_0009 Img_0001

人物を撮影するともっと違った印象になるのかもしれないですが、
カラーもモノクロもチェキ感が伝わるので、それなりに面白いです。
自分で眺めるのも、人に見せてあげるのも楽しいと思います。
デジタル全盛だから、逆にアナログの希少性が妙に面白い。
絵が浮かび上がるプロセスがワクワク感を高めてくれるようで、
意味ないのにフィルムを振ったりしちゃいます

チェキの高級機にはハイキー
ローキーの露出モードが用意されているので、
それを使うとモノクロもローキーでコントラストが高い
締まりがある像が期待できるかもしれません。

普及機や旧型機でも
条件とやり方次第で可能みたいですので、
ぜひお試しあれ

P1100007

昼食は富士そばの”かけうどん”
300円のリーズナブルな価格で、
胃袋に程よい満足感をもたらしくれます。

P1090924

これは私が試した、
フィットチーネ on レトルトカレー。
パスタのゆで時間を間違ったのか、
ソースと固めのパスタの融合が十分ではなく、
失敗作となりました・・・

中太くらいのパスタで試せばいけるかも。
チーズのトッピングもしてみたいです

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧