2020年1月 5日 (日)

寂しい動画と新年会



フリーの動画編集ソフトShotcutを使って、
同じくフリー動画素材フリー音源で切り貼りしてみました。
なんだか、すごい寂しい感じになってしまいました。

動画編集は時間がかかるし、
PCも高スペックじゃないと快適じゃないので、
ちょっと敷居が高いのですよね。
あと、地味に自宅のネットワークの通信速度が遅いので、
アップロードにも時間がかかります。
動画編集にのめりこむためには、
ネット環境も改善する必要がありますね。

P9900983 P9900984

地元の居酒屋で新年会です。
流石に正月休み明け前の週末はお店が混んでました。
飲み放題&料理諸々で結構飲みすぎました…Orz。

P9900991 P9900994

確実に歳を重ねているはずなのに、
久々に集まるとみな内側にあるものは昔のままです。
まるで、時間が止まっているかのよう。
そんなわけで、気持ちが楽でいいです。

P9910022 P9910023

1次会はあっという間に時間が過ぎて、
2次会はラーメン屋でした。
餃子やレバニラ炒め…あまり記憶がない。
1件目で飛ばしすぎたようです。

P9910019

デジカメの写真を見返すと、
こんなの撮影した記憶もありません。
徒歩で帰宅したのですが、
正直微妙に記憶が飛んでます。
お酒に弱くなったとつくづく思いました。

| | コメント (0)

2019年12月31日 (火)

Good-bye 2019

Wish_20191231212501

Good-bye 2019
今年も年末がやってきた。

本当にネガティブだった一年でした。
正直、辛かった。

ただ、いろいろと考える中で、
自分の核が見えてきたような気がします。
「気が付くのが遅っ!」

もちろん、核の赴くままに生きたとしたら、
間違いなく社会で成立しないのですが、
限られた時間の中で、やりたいこと、あきらめることを
よりよいベクトルに結べればいいと思います。

「だけど ルルルル……
 あしたは きっとなにかある
 あしたは どっちだ ♬」

| | コメント (0)

2019年12月24日 (火)

クリスマスなのです

Photo_20191224204601

年の瀬が迫りますね。
今日はクリスマスイブ。
小学生の頃、クリスマスに
文鳥のヒナがやってきた事があって、
その時から私は文鳥に魅了され続けています。

音楽を積極的に聞く年頃になると
山下達郎氏の「クリスマス・イブ」とか、
ポールマッカートニー氏の「ワンダフル・クリスマス・タイム」とか、


佐野元春氏の「クリスマス・タイム・イン・ブルー」とか、
よく聞いていて12インチシングルレコードとか、
デジタル世代の方だと信じられないものを大切にしていた記憶があります。
この時期は私の脳裏にこれらの曲が流れてきます。

映像だと、岩井俊二監督の「ゴーストスープ」が面白い。
信じられないことに、私はリアルタイムでこの映像を
テレビで見ていました。劇中にCMっぽい演出があったりと、
そういった部分も含めて、妙に浮ついたファンタジーな気がします。

P9900928 P9900927

沖縄の友人から頂きもののビールで乾杯です。
このビールはとても甘くて飲みやすく、
今までのビールの概念が崩れました。

P9900922

まぁ、バラエティに富んだ組み合わせですが、
クリスマスっていろいろなものがミックスしている感じ。
特に、日本人の感覚ではそうなのかもしれません。

P9900923

クリスマスケーキも小さなもので充分です。
大きなのは売り切れの札がかかってました。
台風の影響でイチゴが足りない状況だったそうですね。

時間だけはとどまることなく流れて、
クリスマスを何度経験したのだろうか?
しかし、常に自分の人生の中で出会うのは初めてのクリスマス。
気持ちを切り替えるのはなかなか難しいと思える瞬間が多いですが、
楽しめるだけ楽しめればそれが一番いいことだと思える今日があります。

せめて今日はクリスマスイブ。
1/365ぐらいはそういった気持ちで妄想していたいのです。


| | コメント (0)

2019年12月22日 (日)

サンタさんがやってきました。

沖縄から、サンタさんやってきました。
サンタビール…非熱処理の要冷蔵です。

P11008301

ラベルと瓶がとても可愛いです。
遊び心満載って感じで、ほっこりします。
うーん、クリスマスまで待てません。

P11008321

ヘリオス酒造株式会社は、
気になるビールがてんこ盛りです。

| | コメント (0)

2019年12月20日 (金)

終わりから始まりへ

Dsc01729 Dsc01725

長いと思っていた6か月の訓練も修了となりました。
馴染み、思い出の残る学び舎ともお別れです。
非常階段から眺める景色が印象に残りました。
訓練校の施設管理の方からは、業務やその他諸々の
貴重なお話を伺うことが出来ました。

Dsc01724 Dsc01723

私はあまり使いませんでしたが、手指用消毒液のポンプ。
そして早く来て試験の勉強をしていた廊下の机。
この場所で同じ訓練の仲間と語り合ったりしてました。
「始まりがあれば終わりがある」これがこの世界の常である。
また、時の流れの中で、状況は絶えず変化し続けるものである。
しかし、それを実感している人は少ないと思います。
いろいろな事を考える半年間はとても貴重でした。

P9900896

夕方、訓練校のメンバーと大宮で小さな打ち上げ。
思えば、人と飲む事もここしばらくしてませんでした。
気休めにウコンの力を飲んでおきます。

P9900898

大宮の駅は人が多いですね。
ここも懐かしいくらいに久しぶりな気がします。

P99008991

大宮駅の待合場所といえばこのモニュメントですが、
周囲が変化しすぎてしまっていて、
モニュメントの存在感が薄くなっている気がします。

P9900900 P9900902

鶏匠比内や にやってきました。
隠れ家的なお店で、存在に気が付くのは
至難の業かもしれません。

P9900907 P9900905

焼き鳥が本当に旨かった。
素材の味をしっかり楽しめる味付けが素晴らしい。
ビールや日本酒も久々で美味しい。

P9900906 P9900908

お通し(ナスを煮たもの)のもいい味でした。
店長のお任せの焼き鳥を次から次へと、
堪能し、お酒が進みます。

P9900912 P9900918

つくねは濃厚な卵黄を絡めていただきます。
鳥のお刺身は、わさび、ニンニク、生姜
どれでいただいても美味しいです。

訓練中はこういった機会がありませんでした。
毎月のように資格の受験があって、
気持ちが落ち着く暇が無かったのが原因だと思います。
学校を離れてメンバーと会話すると、
色々な話ができて、意外な一面を発見したり、
自分にフィードバックできるいい情報もあります。

最後にしみじみと感じるのは遅いのですが、
こういったお互いの情報交換ができる時間が
もっと早い段階で必要だったのではないかと思いました。

料理も酒も話も楽しめた、貴重な一夜でした。

| | コメント (0)

2019年12月19日 (木)

らくがき文鳥 XP-PEN

Photo_20191219201701

昔、Wacomのタブレットを買ったことがありました。
当時の価格で3万円…私には猫に小判でした。
結果、性能を使い切ることもなく、サヨウナラ。

またあの悪夢再びと、
XP-PENというタブレットを買うも、
しばらく放置状態でした。

せめて「らくがきでもしないと」…という事で、
昨日見た文鳥のヒナに触発されて、
文鳥を描いてみましたが、結構楽しいのです。

もしかしたら、子供の頃に描いていた、
らくがきのキャラクター達が復活しそうな予感がします。
いや、できる気がするのです。

XP-PENは確か5千円位で購入したのですが、
OpenCanvasというドロー系のソフト付属でお買い得でした。
多分、ソフト単体の値段で5千円位しそうな気がします。

| | コメント (0)

2019年12月18日 (水)

シーケンスは稲妻のように

Dsc01685

諸事情で本来の予定に対して半分となったシーケンス制御
入門なれど、稲妻のように過ぎていきました。
久しぶりに脳が熱くなるような感覚を感じ、
先生にはとても感謝しています。

Dsc01689 Dsc01690

”かんずり”という新潟の調味料が旨いと聞いてて、
このパッケージにピンと来て買っちゃいました。
かんずり単体の味を知らないですけど、
辛旨って感じですかね。

Dsc01686

熊の歯がよく見えるようにしてみました。
意外と細かいところがいいです。

Dsc01695 Dsc01696

ロイヤルカリー&カフェで2種類のカレー(650円)を頂きました。
時々この味が恋しくなるんです。カレーは日替わりです。
チキンとダル(豆)カレーのご飯大盛にジンジャーエールをチョイス。
しかし、ご飯が大盛過ぎて後半が苦しかった。
普通盛りにしておけばよかったと後悔。

うかつにもホームセンターの白文鳥のヒナに癒され、
”文鳥飼いたい病”に罹ってしまったようです。

Dsc01697 Dsc01700

三郷ららぽーとに展示してあるラウンジカー(オハフ25-901)。
私は鉄ちゃんじゃないですけど、気持ちが上がります。
製造年は1989年(平成元年)で製造は富士重工業だそうです。
内部は空調も効いてて暖かく快適なので、
学生さん達がまったりしてました。

Dsc01704 Dsc01705

カレーを消化して小腹が空いたので、
丸亀製麺のざるうどんをを頂きました。
学習効果で今回は並(300円)をチョイス。
食感もさることながら、値段とのバランスがとてもいいです。

Dsc01713

12月にしては暖かい一日の終わりは綺麗な空でした。
今日は一陸特の電子申請(仮)をしたのですが、
受験料の支払いは郵便局の振込だそうで、
てっきりオンラインですべてが完結すると勘違いしてました。
早く郵便局に行かないと期限が申請期限が迫ってますOrz。

| | コメント (0)

2019年12月17日 (火)

ほぼ日文鎮からのSF妄想

小さな熊文鎮…ほぼ日手帳のおまけだったらしい。

Dsc01674

歯並びが妙にリアル。
個人的には文鳥の文鎮が欲しいのです。
あるのですかね?

話は変わりますがミッシングリンクって興味深い。
人が類人猿から進化したのならば、
類人猿と人の進化途中の骨とか発見されたら、
進化論的にはつじつまがあうのだろうけれど、
それが発見されてないそうで、
いきなり類人猿から人類になったみたいな
感じになってるっぽいのです。

つながりが切れているから「ミッシングリンク」。
思えば人類は過去を殆ど知らない。
巨石文明とか驚きなのですけど、
真の意味を知らない。

現代の人が作った建造物は、
人がメンテナンスしなければ、
1000年も形をとどめる事はできないそうです。
巨石建造物は自然の素材で出来ているので、
今でも形をとどめている。

現在のデジタルデータは100年ももたないでしょう。
一方で岩石に彫り込んだ古代文字が
数千年も残っていることを考えると、
実際にはどちらのテクノロジーの方が優れているのか、
判断に困りますね。

もしかすると、
何度も人類は繁栄と滅亡を繰り返す
月刊ムー的な解釈が意外と的を射ているのかもしれません。
火星は昔、地球のような環境で、
そこに人類が繁栄していた。
UFOは過去の人類のテクノロジーで、
現在の地球の文明に対し、接触を禁じる協定が結ばれていて、
UFOに乗って観察をしているなんて妄想してしまいます。

もちろん、月も改造されていて、
現文明の人類を対象とした観測の最前線基地となっている。
過去の進んだ文明を持つ人類は、
クリーンで無限なエネルギーのテクノロジーを持っている為、
争う必要が無く高度に精神的な存在になっている。
当然、今の人類から搾取したり干渉しようなんて、
彼らは全く考えない…「ありのまま」を観測するのみ。

…楽しい妄想は尽きませんね。

| | コメント (0)

2019年12月16日 (月)

過ぎ去りし

P9900869

安定した寒さになってきました。
朝の勉強スペースもあと数日。

P9900877

シーケンスの配線は、
”もり蕎麦”状態に見えます(笑)。
もはや、綺麗に配線する余裕もなく…。

P9900890

昼食の弁当は400円。
今日のおかずは当たりだった気がします。
ご飯が暖かいだけで満足。
ただ満足なのです。

P9900895

駅ビルのLEDツリーは12月限定なのでしょう。
今という瞬間と、過去という過ぎ去った時間。
1秒でも過去は過去で、もうやり直しは出来ない。
新しい今という時間を呼吸して消費しては、
過去を次々と生産していく毎日。

最後の砦はこれか?

Ichirikugoukaku

二陸特より格段にムズイのです。

Ichirikumogi

過去問の千本ノックで乗り越えられるのか?

Syoubousetubishimonndai

甲4類は科目免除無しで受験したい。
なんだかちょっと気持ち的に萎えてますが、
まだもう少しだけ脳のしわを増やす日々が続きそうです。

| | コメント (0)

2019年12月15日 (日)

オリエンタル・マース・カレーと文鳥カレンダー

Oriental-mars-curry

頂き物のオリエンタル・マース・カレー
懐かしさが全開にムンムンです。
昭和な感じの変わらないパッケージがとてもいい。
オリエンタルのホームページも気になります。

Oriental-mars-curry-back

以前、柴又ハイカラ横丁で見かけたことがあるのですが、
ついつい買いそびれてしまいした。
もしかすると懐かし駄菓子屋系のお店では
定番アイテムなのかもしれません。

お味の方は、今度ゆっくりとレポートしたいと思います。

2020_

私の定番カレンダーになっている
癒し系の文鳥カレンダーです。
最近も、ホームセンターのペットコーナーで、
文鳥を見ては癒されています。
白文鳥のヒナを飼いたいなぁと思いますが、
なかなか踏み切れません。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧