2016年2月11日 (木)

デジカメ(DSC-HX60V)試し撮り

部品が欠品して修理不能のデジカメ代替機の
DSC-HX60Vの試し撮りをしてみました。

Dsc00075

このカメラはワイド側が24㎜からスタートなんですね。
大柄のボディは置いておいて、結構好印象です。

Dsc00081 Dsc00083

720㎜相当のズーム側で撮影してみます。
スズメに警戒される事なく大きく撮影できます。

Dsc00084

手ぶれ補正が秀逸で、静止画も動画も良く補正してくれます。
動画も1世代前のビデオカメラ並みに撮影できます。

Dsc00141 Dsc00149

2羽ならんで餌をついばむ様は白亜紀の恐竜のよう・・coldsweats01・。

コンデジとしてはおおむね満足しています。
強いて言えば2秒程かかる起動時間が気になりますが、
写真と動画を1台でこなせる性能に、
技術の進歩を感じて驚かされます。

Dsc00161 Dsc00162

レーザー距離計入手しました・・・革命的に便利です。
これは40mまで計測可能なタイプですが、
レーザーマーカーの視認性が悪いので、
実際に最大距離を計るのは厳しいかもしれません。
しかし、DIYレベルでしたら全く問題ないと思います。
最近は5千円前後でこういったツールが売られていますが、
DIYを趣味にしている人は、1つ持っていても損はないと思いますhappy01

Dsc00165 Dsc00166

KERSHAW by KAI
これは携帯用の爪切りです。
爪切りは100円ショップでも売られていますが、
こいつは結構いいお値段しちゃいます。

Dsc00167 Dsc00168

携帯性と切れ味は秀逸です。
しかし、使い勝手は普通の爪切りに軍配が上がるかな?
というのが、個人的な感想ですcoldsweats01

Made in japanの文字が刻印されているのですが、
それがこの製品の素性を物語ります。
使い勝手は棚上げしても、作りが実に精工で、
とてもワクワクさせられるのですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2015年7月 6日 (月)

今更ながら、アクションカムデビュー

Dsc08221

今更ながら、アクションカムデビューです。
GoProは高くてちょっと手が出ない。
中華GoProモドキでもいいかなと思ってましたが、
リコーのWG-M1という機種をチョイスです。
防水カメラとしても使いたかったので、
液晶モニターは必須条件でした。
値段が安いがそこそこ多機能が決め手。
フルハイビジョン画質で、30fpsというのが不人気理由らしいです。
アクションカム初心者にはそんなの関係なしhappy01

Dsc08222

ハウジング不要で水中撮影が可能。
その為、筐体は大き目で重量も190gと、
アクションカムとしてはヘビー級なのです。
タイムラプス動画、スロー撮影も可能。
Wi-fiでタブレットやスマホからコントロールできます。

Dsc08226

1400万画素相当のデジカメとしても使えるので、
防水機能のデジカメを所有していない私にとっては、
まさにウィークポイントを埋める機種なのですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年11月25日 (火)

私のデジタルカメラの原点・・・

かれこれ、デジタルカメラを使い始めて17年経ちます。
最初はおもちゃ程度にしか思ってませんでした。
しかし、レコード(アナログ)がCD(デジタル)に変化したように、
「デジタルカメラも普及するのだろう」なと考えていました。

Digital_camera

最初のカメラは、富士フィルムのCLIP-IT DS-7(左)でした。
35万画素で記録メディアは、今は無きSmart Mediaです。
当時29,800円で購入しました(定価は69,800円・・・coldsweats02)。

Dsc00003 Photo

さすがに画質は玩具レベルだけど、
DS-7の特筆すべき点は、起動がめちゃくちゃ早いという事。
フラッシュがついていないので、夜間の撮影は厳しいのですが、
スイッチオン→即撮影可能でしたので、シャッターチャンスに強かった。

次に購入したのがCLIP-IT80(85万画素:右)です。
こちらも購入価格はDS-7と同じくらいだったと記憶しています。
フラッシュが付いたので、フラッシュチャージに時間がかかりました。
これ以降は画素数が増えたり、AFになったりと、
綺麗に撮影できる可能性は高まりましたが、起動時間が極度に遅くなり、
使い勝手は悪くなる一方でした。

最近のデジカメは起動時間も画質も良くなりましたね。
しかし画素が増えるとファイルサイズが大きくなります。
1枚撮影すると5MBとか当たり前になり、保存スペースも厳しくなります。
バックアップが無いとデータを消失する危険性がありますが、
一体、どういったバックアップが最善なのか?頭を悩ませます。

デジタルデータは意外と脆く、
データの消失の可能性が高いそうです。
それは、記録メディア自体の寿命や、
データを再生する機器が寿命を迎え消失する恐れもあります。

意外にも、石版に刻まれた文字が一番、
記録保持性が高いのかもしれません。

そう考えると、後世に情報を伝える技術って何?
と深く考えさせられますねcoldsweats01

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年9月27日 (土)

Photos

P1130661 P1130671

P1130695 

P1130717 P1130703

P1130725 P1130704

P1130739 P1130753 

P1130758

P1130760 P1130769 

P1130783   

P1130775_2 P1130779 

P1130787 P1130788

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年9月12日 (金)

普段はあまり使わないデジカメの機能

Dsc07022

普段はプログラムオートでシャッターを切るだけですけど、
デジカメは色々なエフェクト機能がついています。
これらの事はスマホのアプリでも出来たりするので、
特にデジカメでなければならないという事はありません。

Dsc07034 Dsc06993

基本的ですけど、モノクロ撮影も意外と新鮮。
普段、様々な色に囲まれ、それを当たり前だと認識していると、
色を失った世界の素の迫力に驚かされます。

Dsc07028_2

昔はパソコン上で加工して遊んでいましたけど、
ミニチュア風の写真撮影もわりと簡単。
但し、結果を想像しながら被写体の配置に気を付けないと、
効果を最大限に生かすことは出来ません。

Dsc07033

明暗差の大きな被写体にはHDR(ハイダイナミックレンジ)が効いて、
白トビやつぶれの無い画像を記録してくれます。

Dsc07025 Dsc07013

トイカメラ風は四隅が暗く、
周辺光量不足なイメージになります。
これはこれで、数枚アクセント的に紛れ込ませると、
変化があって面白くなるかもしれません。

特定の色だけを抽出するフィルターも意外と面白い。
赤、緑、青、黄と抽出する色を選べます。

これらの機能は、エントリー機レベルにも搭載されています。
画像処理エンジンの高性能化とソフトウェアの組み合わせにより、
低コストでもたくさんの機能を盛り込む事ができるんですねhappy01

もはや、当然のように手振れ補正もありますし、
ハイビジョンクラスの動画も撮影できるので、結構便利です。
私が初めてデジカメを購入した時代には、考えられない進化&低価格化ぶりです。
まぁ、今ならスマートフォンでも同じような事は出来ますけど…ねcoldsweats01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月22日 (土)

楽しい!FishEye?オリンパス BCL-0980

Dsc05259

非常に気になるアイテムを入手しました。
オリンパスの撮影できるレンズキャップBCL-0980です。

Dsc05260 Dsc05261

こいつのスタンスは、基本的にレンズキャップです。
しかしながら、撮影可能なレンズキャップなのです。
これの前にBCL-1580という、
15㎜(35㎜換算30㎜)のレンズキャップが発売されていたのですが、
自分の所有しているレンズの焦点距離に被るので見送りました。
しかし、今回は9㎜(35㎜換算18㎜)で「ムムッ」と来ちゃいましたcoldsweats01

Dsc05263 Dsc05264

GF5に装着するとこんな感じです。
なんとなくトイカメラチックなルックスになりますね。
レンズバリア内蔵でフォーカスはマニュアル。
絞りもF8固定なので電気接点レス・・・まさにレンズキャップですcoldsweats01

装着してカメラの電源を入れると、
「レンズ装着していないみたいだけど、レンズ無しレリーズOKに変更する?」
なんてメッセージをカメラが訴えてきました。
ささっと設定変更するとカメラが自動的にシャッタースピードやら、
ISO感度やらをを自動設定して対応してくれます。

P1020962 P1020968

魚眼というよりも超広角レンズという感じ。
絞り固定なので基本的に日中に実力を発揮します。
意外と逆光にも粘りを見せ、写りもいい感じです。

P1020981

20㎝まで寄れるので意外と面白い写真が撮れるかも。

P1020991 P1020997

普通っぽい写真も取れますが、そこは魚眼(広角)レンズを謳っているので、
端部に歪みが生じます・・・しかし、そこが面白いhappy01
気を抜いていると意図しいていないものまで写りこみます。

P1030009 P1030018
寄って撮影するとデフォルメされたように写ります。
動物の近接撮影は面白い結果になりそうな予感がします。
使い方が難しいレンズですが、工夫次第で面白い画が撮れそうです。
通常、超広角レンズは値段が高いのですが、
これは実売1万円以下と安めの設定なので、
魚眼(広角)レンズのお試しにはいいかもしれません。
マウント仕様はマイクロフォーサースなので、
オリンパスとパナソニックの同マウント一眼に装着できます。

絞りがF8固定なので、暗所での撮影は厳しいと思いますが、
オリンパスはボディ内手振れ補正内蔵なので、パナよりは頑張ってくれるかも?
それでも、お天気の時のお散歩スナップ用レンズとしては、
非常に軽くてコンパクトなのでいいかもしれませんよcoldsweats01

こんなに遊べるレンズを世に送り出したオリンパスに拍手happy01
後はこのレンズの可能性を皆で引き出してあげましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年9月20日 (金)

レコロでインターバル撮影

インターバル撮影専用カメラレコロの車載テストです。

P1010020

三脚穴は開いているのですが、
ダッシュボートに固定するツールを持ってないので、
助手席のヘッドレストの重みでムギュっと固定しましたcoldsweats01
インターバル間隔とフレームレートで変化するのですが、
今イチいい感じの設定が掴めず、
今回は設定を探るテストです。

今回はインターバル間隔3秒、フレームレート10の設定です。
植物の成長、留守中のペットの行動、工事現場等、
アイデア次第で結構便利に使えそうなカメラです。
画像サイズはVGA(640×480ピクセル)なのですが、
レコロのコンセプト(単なる記録)なら十分な性能だと思いますcoldsweats01

惜しいのは、もう製造終了なんですよね~coldsweats02
あとは在庫のみって感じです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013年8月31日 (土)

ミラーレス一眼増殖中!

ミラーレス一眼、GF2の中古を購入した時に、
14-42mm標準ズームと14mm単焦点の2本レンズが付いてきたのですが、
元々興味があったのが14mmの単焦点レンズなので、
もっぱらGF2には単焦点レンズを装着して撮影しています。

Img_1385

一眼としてはコンパクトで、型落ちとは言えレスポンスも良く、
スナップ撮影には最適のレンズとボディの組合わせです。
しかし、余った標準ズームがかわいそう・・・coldsweats01
OIS(Optical Image Stabilizer)という手振れ補正機構も内臓しているし、
このままお蔵入りはちょっと・・・と思ってたら、
GF5のレンズキットからレンズを抜いた残りの
ボディ一式が格安で売られていました。

Panasonicのミラーレス一眼は、レンズ単体の値段より
レンズキット(レンズ+ボディ)の方が安い事があり、
レンズ目当てでレンズキットを購入し、
ボディは売りに出すパターンが多いらしい・・・coldsweats01

Dsc04597

そのような諸事情により、里子に出されたGF5君の里親になりましたhappy01

画素数こそGF2と変わらないですが、
細部が進化し、使いやすくなっているGF5です。

  1. 新設計の撮像素子により高感度撮影に強くなった。
  2. MP4形式で動画撮影が出来るようになった。
  3. 液晶モニターが高精細タイプになった。

細かく書いたらきりが無いですが、とりあえず
この3つのメリットと破格の値段の魅力に負け・・・ポチッちゃいましたよ。

Dsc04599

本体が非常に小さく軽いので、
フードを装着するとレンズお化けになっちゃいますけど、
このアンバランス感が逆に面白いcoldsweats01
バッテリーを共用できないのがちょっと残念。

ミラーレス一眼はコンパクトデジカメからステップアップしたい人や、
もう少し凝った写真を撮影したいと考える人にオススメですhappy01

一眼レフも持っていますが、やはり大きく重いです。
気軽に撮影というよりも・・・を撮影に行くという目的&気合が必要になります。

PanasonicとOLYMPUSから出ているマイクロフォーサース機は、
撮像素子こそ他社のミラーレスよりも小さいですが、
起動が早く、AFの合焦スピードも速いので、スナップ撮影に強いです。
また、ネックストラップで首からカメラを提げる定番スタイルは、
即座に撮影体勢に入れるので、シャッターチャンスに有効ですよhappy01

レンズ交換式カメラとしては、直接撮影画像に影響を及ぼす
撮像素子へのダスト付着も気になりますよね。
私が知る限り両社のカメラに搭載されている、
SSWF(Super Sonic Wave Filter)が最も効果的なダスト対策です。

P1040363 P1040371

一時期涼しくなったので、
猛暑もこれで終わりか・・・なんて思ってたら、
よりパワーアップしたように残暑が厳しいです。
体の内側からもクールダウンしなければなりませんね。
ガリガリ君で今年初めてのアタリをゲットしちゃいましたよcoldsweats01
ただ、2本食べる予定じゃなかったので、
連続2本食いは、流石にちょっと冷えすぎましたcoldsweats02

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013年8月14日 (水)

フジツボフード装着

パンケーキレンズには大げさなフードは似合わないと思う。
という事で、フジツボフードなる物を手に入れました。

Dsc04394

エツミのメタルインナーフードです。
結構いい値段で、Amazonで1709円でした。
フード先端がフジツボのように内側に曲がっているので、
「フジツボフード」の愛称が付いているみたいです。

Dsc04395

正直、フードとしての効果は低いと思いますが、
見た目とレンズ保護的な役割もしてくれそう。
これを装着するとキャップ無しでも大丈夫そうなので、
フットワーク重視のスナップ撮影にはちょうどいい感じです。

Dsc04396 Dsc04397

ただ、私の場合、先行して購入した保護フィルターとW装着しているので、
見た目がスマートじゃないんですけどねcoldsweats01

Dsc04400

ケラレが無いのでW装着していますけど、
本当はフードだけ装着した方がカッコいいと思いますよhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012年12月22日 (土)

画像処理アプリが面白い

i Pod Touchのカメラの画質が向上したので、
デジカメとしても活躍が増えそうな気がしますが、
撮影した写真もそのままじゃつまらない。
かといって、パソコンでアレンジするのもちょっと大げさ。
という事で、Snapseedっていう無料のアプリを試してみました。
Androidバージョンも出ているみたいです。

Original

オリジナルはこの画像・・・コンビニ猫。

Retoro

古い写真っぽくしてみました。
ちゃんとフレームもそれっぽいのが選べます。

Monochrome

モノクロバージョン・・・これはいじり過ぎかな?coldsweats01

Bun1

トイカメラ・チックになりますね。
余白がある写真は好みなんですよねhappy01

Bun2

切り抜き加工もできるので、
ド・アップな写真も作れちゃいます。
デジタル写真をフィルムっぽく加工できるのは楽しいhappy01
撮影の段階でトイカメラっぽく撮影できるアプリを使ってましたが、
同じ画像をいろいろアレンジしてみたいので、
後で加工できるアプリの方が合ってました。

Gundam2

デジカメ写真も撮影したままだと、
HDDの肥やしになるだけですけど、
アレンジしてみると再び輝きだす気がしますね。
気に入ったものが出来ると誰かに見せたくなるし、
自分でも驚く程、化ける事もありますcoldsweats01

Gundam1

サクサクアレンジできるので結構楽しいです。
まだ試していませんが、
ミニチュアっぽい加工も出来るみたいですhappy01

| | コメント (0) | トラックバック (0)