2024年2月12日 (月)

GF-5と14㎜単焦点からの煮干しラーメンは旨し

実はマイクロフォーサーズは、
Panasonicのシステムを
先行して購入してました。

今日のカメラはGF-5

Img_20240211_093830

友人の持ってた
GF-1に20㎜単焦点の組み合わせが、
妙にカッコ良く感じて、
GF-2と14㎜を買ったのが始まりです。

P1110965

モノクロ撮影も処理待ちが無く、
OLYMPUSのE-P1より、
かなり小気味よく撮影ができます。

P11109691

ただ、この頃のPanasonicは、
レンズ内手振れ補正です。
私の所有する14㎜レンズには、
手振れ補正の機能がありません。

P1110983 P1120002

ただ、この14㎜単焦点だと、
日中ならまず気にする事もないでしょう。
ちなみに、マイクロフォーサーズは、
レンズの焦点距離の2倍で、
35㎜換算します。
14㎜だと28㎜相当となります。

P11200101 P11200081

E-P1のような
ラフなモノクロームではないですが、
一回り小さいボディで、
機動性も高く、
サクサクシャッターが切れます。

GF-5も入門機らしい
遊び心いっぱいの、
エフェクトが装備されています。

P1120011 P1120017

そういえば、
高田馬場の高架下にあった、
手塚治虫のキャラクターが、
消えてました。

あの展示は期間限定だったのですね。
なんとも惜しい気がします。

Img_20240212_1105221 Img_20240212_1105331

友人のラーメン喰いの報告に、
私の胃袋はすっかり
ラーメン食すモードに突入です。

ただし、あっさり系をチョイス。

にぼしラーメン一恭

Img_20240212_111207 Img_20240212_111212

開店直後だったので、
私を含めて3名でした。

Img_20240212_1112271

煮干しだし醤油ラーメン(並)880円。
まず、スープをすすると、
ガツンと煮干しの旨味が
飛び込んできます。

スープ飲干しで大満足です。

Img_20240212_1110031

駐車場が少しわかりずらいですが、
5台分も確保されています。

LINEの方にも詳しく説明されているので、
確認して間違わないようにしましょう!

一恭LINE

| | コメント (0)

2024年1月30日 (火)

古いカメラをひっぱりだしてみる

NEXの標準ズームレンズ
18-55㎜を使ってみます。

E18-55mm F3.5-5.6 OSS(SEL1855)

Img_20240128_084523

NEXはボディが小さいので、
レンズが大きく見えます。

Img_20240128_0846051 Img_20240128_0845521

このレンズ専用に、
レンズプロテクターを買ったのですが、
330円の中古品であります(十分)。

Dsc07095

ボディもレンズも
かなり古いですが、
現役です。

Dsc072231

日中ならズーム全域で迷い無く
スムースかつ静かなAF駆動です。
MF時のフォーカスリングの動作も
問題なしです。

Dsc072751 Dsc072791

撮影時は常に電源ON状態。
ただ、スリープからの復帰が
若干もたつきます。

Dsc07285 Dsc07315

NEXシリーズは、
バッテリーが共有なのが嬉しいです。
ボディを3つ持ってますが、
使い回しが出来ます。

中古デジカメ使いとしては、
生命線であるバッテリー問題とか
気になるところです。

残念ながら最新型は
規格が変更されました。

Dsc07314 Dsc072961

火星カレー気になります。
朝ブラリだったので、
お店はオープンしていません。

火星カレーFacebook

Dsc07325 Dsc07327

自然な描写でいい感じです。
電動ズームのレンズに慣れてしまったので、
手動ズームが少しだけ
もどかしく感じます。

Dsc07375

可愛い看板です。

Dsc07378 Dsc07380

公共地下通路”WE ROAD”です。
地下通路のイメージを払拭するような
ポップな感じの通路でした。

Img_20240129_141902 Img_20240129_141911

最近のスマホはカメラの性能が
とても良くなっています。
スマホだけで完結すると言っても
過言ではない気がします。

でもカメラの雰囲気も含めて、
トイデジみたいな写真を撮りたくて、
中華製の微妙なデジカメに
手を出した時期がありました。

ですが、
全て悲惨な結果に終わりました。
しかし、InstaxPalは素晴らしい。
633d08f42f464c5f8ba2ca9b1a600250 2580a37ee8274a019df0fdb9b2200934
ちっちゃなボディで、
なかなかにエモい写真が撮れます。

スマホや最新型のチェキや
チェキプリンターと
連動する事もできます。

F321576a4e1641f383b8553b9a1ca5f4 74e0c17d19224ecba3b97c6ac7177ac2
昨今、チェキブームの再燃で、
フィルムの入手が困難、または、
価格高騰が続いています。

Palはフィルム無しでも
チェキを楽しめる、
デジタルチェキの決定版です。

Ffa055e9486f48ecaa5b3d6f241c74f6 0b7abc0b58e94dc0bad50e73bbb0711f
アプリと連動して、
厳密なフレーミングで
撮影する事もできます。
でも、このカメラの楽しみ方は、
撮影後にスマホに画像を転送されるまで、
どんな感じに写っているか分からない
というワクワクがたまりません。

結構ワイドに写るので、
アバウトにシャッターを切っても、
大体いい感じに写ってます。

Img_20240130_124457

中古でボロボロ、
ジャンク扱いで格安だった
OLYMPUSのEP-1も
久々に掘り出します。

Img_20240130_1244511 Img_20240130_1244411

レンズは17㎜の単焦点。
ボディとは別で入手したので、
レンズは結構綺麗です。

M.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8

P1304243 P1304334

古いボディですが、
意外と操作性がいいです。
レスポンスもそれほど悪くないです。

P13042541

レンズの描写も良好で、
適当に撮影しても、
いい仕事をしてくれます。

P13044351 P13044691

ボディ内エフェクトで、
粗いモノクロフィルターが選べるのですが、
これが結構好きです。

P1304438

ただ、エフェクトをONしていると、
処理時間が微妙に長いので、
連続撮影ができません。

P13045041 P13044911

マイクロフォーサーズは、
Panasonicのボディとレンズもあるので、
今後も掘り出して
撮影していこうと思います。

Img_20240129_151531 Img_20240129_152303

最後はスマホカメラで、
中華まん博覧会に潜入です。

中華まん博覧会2024 in
イオンレイクタウン

Img_20240129_1528411

到着時点で微妙に
お腹が減ってない状態でした。

Img_20240129_1531041 Img_20240129_1531181

何個も食べられない状況で、
チョイスした中華饅は揚げ豚まんです。

Img_20240129_1532201 

皮がパリパリで中しっとり。
旨かったのですが、
これ一つでノックアウトです。

| | コメント (0)

2024年1月26日 (金)

カメラを新しく買うと、結果散財してしまうの法則

そういえば、
Wtulensを持ってた事を思い出し、
NEX-3に装着してみる。

Img_20240124_1304571

写ルンですのレンズを、
2枚使って作られた
ボディキャップレンズです。

Dsc06807 Dsc06760

描写はかなり微妙なんです。
最近、昔のデジカメで撮影て、
エモい写真を楽しむ事が
流行っているみたいです。

Img_20240124_1343581

また、NEX
フィッシュアイコンバーターも
引っ張り出してみました。

Dsc06716

こっちはエグイ歪みが楽しい。

Dsc06830

この画角だけだと、
すぐにお腹いっぱいになっちゃいますが、
非現実的な写真は
いいアクセントになります。

Img_20240124_134422

あーあ、
レンズに埃が凄いです。
ギョロ目がかわいい。

Img_20240124_1429051

新しく手に入れた
OsmoAction4ですが、
アルミ製のケージを購入しちゃいました。

DJI

TELESINをはじめ、
サードパーティー製の
アクセサリーは、
なかなかに便利です。

Img_20240124_143225

ケージへの本体の出し入れがスムースで、
アクセサリーシューが2か所付いて、
純正ケージよりアドバンテージを感じます。

Img_20240124_1434391 

なかなかいい感じですが、
Action4のブラックのボディと、
色合いのマッチングが
少しだけ気になります。

Img_20240124_1435281 Img_20240124_1433031

アクセサリーシューに、
ワイヤレスマイクの
レシーバーを取り付けたいです。

Img_20240126_1701591

あと、マイクロSDカードを購入。
私にとっては大容量な256GBです。
SDカードもいろいろと規格が増えて、
使用機器の要求に合わせて
製品仕様を考慮する必要があるようです。

SD Association

| | コメント (0)

2024年1月21日 (日)

DJI OsmoAction4購入記念 Myアクションカム史

Insta360 ONE RSから1年半ぶりに、
アクションカムを買っちゃいました。
もう、ちょっとした不治の病です…Orz。

Dsc049121

DJI OSMO ACTION 4です。
実は、初代OSMO ACTION
購入検討していたんですねぇ~。

コロナ禍でアクションカムの
必要性をいろいろと考えてたら、
新型のACTION2がデビュー。
コンセプトがガラッと変わったので、
うやむやになっちゃいました。

こいつの開封前に、
MY アクションカム史を
ちょっと振り返りたいと思います。

Dsc04875 Dsc04877

いきなりアクションカムじゃないですけど、
SONYのHDR-MVI1です。
X-Y配置のステレオマイクが、
このカメラの性格を表してます。

Dsc048841

音関連に強いプッシュで、
意外と機能てんこ盛りなんです。

Dsc04876 Dsc04878

Carl Zeiss Tessarとあります。
これだけでも気分上がりますが、
画質は登場年代的にそれなりでした。

USB給電しながらの撮影が出来ます。
アプリのサポートは既に終了していますが、
いまだ現役で稼働してくれます。

Dsc04870

もとい、最初のアクションカムは
RICOHのWG-MV1なんですねぇ。

Dsc048721

防水ハウジング無しで、
水中撮影が出来るのと、
この独特なスタイルが決め手でした。
多分、相当に重症なのだと思います…Orz。

Dsc04874

予備バッテリーまで購入し、
いろいろと活躍してくれました。

タイムラプスにはまって、
空を流れる雲を撮影してました。
もちろん手振れ補正は無いので、
アクションカムとしては
なかなかに厳しい時代です。

HDR-MV1と同様に、
アプリのサポート終了済みですが、
現在でも稼働するタフなアクションカムです。

Dsc04885

Git Up G3というアクションカムです。
電子手振れ補正を装備しています。
中古で購入しました。

Dsc04889 Dsc04893

手ぶれ問題は結構シビアで、
この時期にはスマホ用のジンバルとか
手を出してました。

もちろん、G3用にも
アクションカム用ジンバルを購入し、
江の島で撮影したのがいい思い出です。

何気にこのアクションカムも、
動態保存と云いますか、
ジンバルとセットで稼働状態なのです。

ただ、本体のバッテリーの供給は
すでに終了しているので、
バッテリー寿命を迎えたら、
このカメラも寿命となります。

Dsc049021

Insta360 ONE Xです。
360度カメラの先駆けです。

Dsc04903

飛び出たレンズが、
精神衛生上良くありませんが、
なかなか楽しいです。

適当に撮影し、
フレーミングは自由自在。
ホント、素晴らしいです。

Dsc049051

純正バッテリーは既に販売終了していますが、
社外のバッテリーを入手したので、
もう少し活躍してくれそうです。

私にとって
360度カメラは、
革命的でした。

ただ、これ買ったのが、
コロナ真っ最中だったんですよね~。
あまり活躍させずにゴメン です。

Dsc04896 

Insta360 Go
コロナ禍真っ最中、
必要性も無かったのですが、
小指みたいに小さいカメラに、
再び心揺さぶれました。

Dsc048981

初代なので、
出来る事は限られるのですが、
これぞ、工夫次第で面白いカメラです。
今ではInsta360GO3まで出ているので、
小さいは正義だと思います(笑)。

今でもしっかり稼働してくれますよ。

タイムラプスや、
短い動画クリップ等、
このカメラのコンセプトを生かした、
面白い映像のファンです。

Dsc04908

という訳で、何故だか
一度も王道のGoProを選ばないままに
Insta360ONE RSを購入。

実は360度レンズセットが
欲しかったのですが、
セット価格が高かったのと、
Insta360 ONE Xを既に所有していたので、
4KブーストレンズキットをGet!

Dsc049091 Dsc04910

このカメラは、
欠点も多いのですが、
コンセプトが秀逸。

まるで合体ロボです(笑)。
こういうの刺さるんですよねぇ~。

RSの為にアクションカム用ジンバルを、
中古で購入したりしちゃいました。
ジンバルが有効かどうかはわかりませんが、
オプションのバッテリーとか、
この機種への投資はそこそこあるので、
OsmoAction4導入後も
活躍して欲しいと思ってます。

今までのカメラのチョイスを
自分なりに分析すると、
かなり重症だと思います。
いつか、GoProを手にするその時まで、
私の旅はネバーエンディング

| | コメント (0)

2023年12月28日 (木)

カメラを持って散策

最近はスマホのカメラで
事足りる事が殆どです。

ですが、たまにはカメラ達を
持って散策してみます。

Dsc04843 Dsc04848

マクロレンズで撮影してみます。
手持ちなので微妙ですね。
被写界深度が深く、
ピントは結構シビアのです。

Dsc04826 Dsc04792

暫しAFで撮影してましが、
久々過ぎて、
MFへの移行に
手間取りました。

Dsc04846

中古で買ったSONYの
E 30mm F3.5 Macro
コンパクトさと描写が好きなので、
もっと活躍させたいです。

Dsc04830

エモい写真を撮りたくて、
instax PALも連れ出しました。
今、チェキフィルムの供給が
不足しているらしく、
店頭でフィルムを見かけなくなりました。
ネットでも高値が付いたりしている。
そんな中、PALは
デジタルチェキ画像を生成する
能力を持った期待のカメラです。

01d1a0ad91fc4b5492843cc983223711 Cc6b835d4d5f463caf1852fd124a1b8a

A9c9ba046de8488298b2f650c33ff5c1
Img_20231228_120451 Img_20231228_120227

Img_20231228_120524

野田のイオンに併設された
もりのゆうえんち
激しいアトラクションはありませんが、
なかなかにまったり感のある遊園地です。

Dsc046771 Dsc046811

高倍率ズームを備えたコンデジは、
なかなか頼もしい存在です。

Dsc046851

光学30倍ズームは圧巻で、
スマホ撮影での唯一の不満を
解消してくれる存在です。

SONY DSC-HX60V

Dsc04655 Dsc04670_20231228150201

デジタルズームで60倍まで寄れますが、
F値が相当に暗いので、
ほぼ日中のみに
撮影は限定されます。
月の撮影や、
広角時の撮影は問題無いので、
意外と万能な存在です。

Dsc04667 Dsc04664

スズメの成る木を発見しました。
非常によく実っています。

Img_20231228_1105411 Img_20231228_1105461

最近気になっているラーメン店
山中屋に行ってきました。
菅野製麺所の看板が出ていますね。

Img_20231228_1106001 Img_20231228_1108401

非常に迷いますが、
塩が一番人気だそうで、
オススメから頂こうと思います。

ただ、限定に弱いので、
1日10食の幻の塩を
チョイスしました。

Img_20231228_1107281

非常に綺麗な店内です。
カウンター席に着席。
調味料はテーブルに置いてないので、
味編アイテムとして、
声かけが必要です。

Img_20231228_1111251

来た!『幻の塩』です。
全く隙のない完璧なビジュアル。
チャーシューの食べ応え。
可愛いナルトがアクセント。
ネギと海苔が脇を固める。
肉厚のメンマと味玉。
全てが絶妙なバランスで配置され、
目にもガツンと来ました。

スープはやさしく麺と絡み、
蓮華ですくえる限界まで、
しっかりと頂きました。

非常に旨かったです。
満足度が高かったので、
他の味も頂きたくなりました。

Img_20231227_1622211

別の日ですが、
空を見上げると鰯雲。
鰯雲や鱗雲は俗称で、
巻積雲が正式名称らしいですね。

| | コメント (0)

2023年11月30日 (木)

チェキシリーズの末っ子…Instax Palがやってきたのだ

チェキコレクターとしては、
末っ子的なInstax Pal
非常に気になってました。

Img_20231128_1930331 Img_20231128_1927511

数日前の家飯。
カレーうどん的ですが、
実はきしめんです。
なかなかの食べ応えありで、
麺のチョイスで楽しむのは、
カレーうどん系はありです。

Img_20231128_185913

長い間眠っていた、
ジンバルのzhiyun evolutionを部屋で発掘。
もはや、最新型のアクションカムは
大型化している為に
セットアップ不可能。
GitUp G3を装着してみました。

これはこれで有りかもしれない…。
撮影機材は最新型が画質もよいのですが、
最初から割り切って使えば、
実は何でもありなんです。

Img_20231129_1815441

銚子に乗って、
AGNIのマトン激辛に、
ライスをチョイスしました。

Img_20231129_1816081 Img_20231129_1816061

ライスが激大盛です。
今度、目方を図ってみようと思います。
激辛カレーが今まで程
辛く感じなくなってます。
しばらく距離を置いたせいなのか、
それも不明です。

ただ、旨しな事は間違いなし。

Img_20231130_1322551 Img_20231130_1324281

Amazonのブラックフライデーで、
Instax Palをゲットしました。
と、言っても、
アウトレットでチョイ安品です。

Img_20231130_132546 Img_20231130_132620

わたしの定石なら、
グリーン系のピスタチオをチョイスするはず、
しかし、今回はアウトレットなので、
ラベンダーを飼いました。

Img_20231130_132508

ちょいちょい、
赤い謎の達磨が気になりますが、
この文鎮達磨と同サイズ。
とにかく”ちっさい”です。

Img_20231130_1334151 Img_20231130_1329191

充電不足で、
赤いランプ点灯したので、
充電からのスタート。
サイズ的には目薬と同サイズ位。
手乗りカメラです。

Img_20231130_1646261

Evoとの連携も可能なので、
ファームアップの為に、
充電中のEvoとパチリ。

買ったではなく、
飼ったと記述したのは、
このIntax Palがあまりにも
小動物的なのでそうしました。

起動音やサイズが、
正に手乗りチョメチョメな感じ(笑)。
画質から考えたら、
ナニコレ?的なデバイスですけど、
なんだか憎めない可愛い佇まいが、
このカメラの最大の魅力。
不便なプロセスを愛でる
カメラだと思います。

ペットも手がかかった方が
なんだか愛情が湧くでしょ?

スマホアプリとの連携で、
名前は”Pal”にしましたが、
あとでもっとチャーミングな
名前に変えようと思ってます。

富士フィルム
リリースした製品だけあって、
サポートも万全。

ちょっとダメな可愛い相棒を
連れて歩きたい人にオススメです。

| | コメント (0)

2023年10月24日 (火)

チェキの可愛い新型をこねくり回す

2023年の9月にデビューした、
チェキの新型カメラの
実機に触れてみました。

Instax Pal

Pal スペシャルサイト

Img_20231024_1305311

実機と思ったら
全部モックアップでした…Orz。

Img_20231024_1305471 Img_20231024_1305421

百聞は一見に如かず…。
驚きの小ささでした。
白だけ手に取る事が出来たので、
軽くこねくり回して観察します。

Img_20231024_1310021 Img_20231024_1305381

これは完全に手乗りです。
文鳥よりも小サイズ…。
ただ、重さは41gあるそうなので、
文鳥の方が半分以下の軽さです。

Img_20231024_1306491 

これは楽しそうなカメラですね。
スマホのアプリと連動して、
チェキプリント枠付きの画像を生成したり、
チェキプリンターと連動して、
リアルチェキも楽しめます。

なんとなく被写体方向に向けて、
シャッターを切れば写る
約16㎜の広角レンズ(35㎜換算)や、
LEDフラッシュと、
面白シャッター音を鳴らせる
スピーカーもビルトイン。

Img_20231024_130637 Img_20231024_130824

充電はUSB-Cで、
三脚穴も装備しているので、
これは面白くなりそうです。
ピンクはシャアザクっぽく、
緑は量産型ザク。
紫はドムかギャンかな。

私は量産型ザクが気に入りました。
価格がネックですが、
1万円以下になったら手を出しそうです。

Img_20231024_1316491

最近、海鮮の看板が目につきます。
漬け丼680円か~
これはこれで凄いと思います。

どんぶりすしざんまい
イオンレイクタウンmori店

| | コメント (0)

2023年5月18日 (木)

結局、ケースは純正が一番しっくりくるのでした

私の購入した社外品のEvo用ケースは、
ストラップ付け根の金属が
ボディに干渉する恐れがありました。
非金属金具のストラップに変えれば…
とも思ったのですが…

Img_20230517_1905291

いろいろと手配するのも面倒なので、
いろいろと評判の悪い
純正ケースを購入しちゃいました。

Img_20230517_1906521 

当然ながら、しっくりきます。
ちょっとキツメですけど、
使ってるうちに馴染むと思われます。

Img_20230517_1907071_20230519131201

これAmazonアウトレット品だったのですけど、
マグネットの部分が一部傷があります。
ただ、全く問題ありません。

Img_20230517_190728_11

instaxのロゴがカッコいいです。
純正ケースですけど、
本体がお高めなので、
ケース本体価格はむしろ
お買い得価格だと思ってました。

持ち運びにはケースの保護が欲しいですが、
撮影時にEvoのデザインが隠れるのは、
ちょっと残念だなぁと思ってました。
結果的に純正ケースの完全脱着が
Evoには最適解かもしれません。

Img_20230517_1909441

沖縄の友人から”あんだんすー”を頂きました。
美味しんぼ28巻に登場したというコメントが、
非常に期待値を上げてくれます。

| | コメント (0)

2023年5月14日 (日)

カメラケース選びは意外と難しい

instax mini Evo用ケースを入手。
純正ケースの評判があまり良くなかったので、
社外品をチョイスしてみました。

Img_20230514_1831331

Fintie Camera Case Vintage Black

Img_20230514_183206 Img_20230514_183256

フェイクレザーの質感も良い感じです。
純正ケースと違いストラップを
ケースに装着できるタイプ。

Img_20230514_183410 Img_20230514_183518

フィット感がいいです。
ただ、フジフィルムのロゴとか隠れちゃうので
Evoらしさをスポイルしている気がします。
横下げタイプの方がEvoとの調和がよい気がします。

Img_20230514_183731 Img_20230514_183850

カメラを包むインナーケースと、
レンズ及び液晶まで保護する
アウターケースの2ピース構造です。
アウターとインナーの接合部にある
ボタンの生地が薄いので耐久性は低そうです。

まぁ、ケースは純正も社外も
2千円程度で購入できるので、
ダメになったら再検討します。

Img_20230514_1748531

カーネーションを買いにスーパーに行ったら、
冷凍ラーメンの自販機が気になりました。

ヌードルツアーズ

ラーメンバリ男 ラーメン(特製唐花付き)
つじ田 濃厚つけ麺
王道家 家系ラーメン
田中そば店 中華そば 香唐付き
凌駕IDEA ニボガッツ

有名店の味が並ばずに家で味わえる。
1000円の価格をどう捉えるかで、
この自販機の存在価値が大きく変わります。

| | コメント (0)

2023年1月24日 (火)

100均スタジオは工夫すればいけるかも…

ダイソーに行ったら、
こちらが本家なのかもしれない感じで、
Shooting Lightが並んでました。

Img_20230124_1436001

無段調光と三脚穴が金属製なのが、
地味にうれしいです。

Img_20230122_1708301 Img_20230122_1707161

達磨さんをモデルに撮影スタジオを展開。
まぁ、100円ですから…。
頑張っていると思います。

Img_20230124_1435571

リングライトセットも売ってて、
ネットよりも安価だったりします。
これはリモートワークで活躍する奴ですかね。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧