2024年5月19日 (日)

見た目以上のボリューム、牛すじぶっかけ丼(牛辰吉川)

日曜の午前、曇天、帰宅道中。
牛辰の開店時間にあと少しだったので、
近くのトレファクで時間潰し。
また、微妙なものを買いました。
買ったものは後程…。

Img_20240519_1134321min

久々なので、
何を食べようか…。
らいすかれー屋さんなので、
カレー系に行けばいいのですが、
どうにもあまのじゃくな私の胃袋…。

Img_20240519_1134241min

牛すじぶっかけ丼(800円)にくぎ付けです。

Img_20240519_113616min

お座敷スベースしか空いてませんでしたが、
開店直後だったので4人掛けの席に座りました。
奥の席は初めてだったので、
雰囲気にまたやられました。

Img_20240519_113721min

相変わらず古い昭和歌謡が流れて、
リアルタイムではないので、
詳しくはないのですが、
「おらは死んじまっただー…♪」と、
フォーククルセーダースの
帰って来た酔っ払い』という曲が流れていました。

Img_20240519_1138001minImg_20240519_1137061min

水がジョッキで出てきます。
なんだか、いい感じです。
紙ナプキン入れも懐かしい。

Img_20240519_1143011minImg_20240519_1152111min

このお店は雰囲気も最高なんですよね。
箸やスプーン、つまようじ入れまでがレトロ。

Img_20240519_1142491min

ついにお香まで
セットアップされているのか?
と思いきや、灰皿でした(笑)。

Img_20240519_115356min

そんな風に思い懐かしんでいるうちに
牛すじぶっかけ丼の到着です。

Img_20240519_1154021minImg_20240519_1154051min

最高のビジュアルでした。
この丼、意外と大きくて、
ご飯もたっぷりだったのです。

おしんこと、
お好みのぶっかけ汁が付いてます。
これは牛丼のつゆだくみたいなものか?
と、丼にすべてを投入してみました。

Img_20240519_1155401min

サラダとスープが時間差で到着です。

Img_20240519_115437min

ぶっかけ丼になった状態。
お腹が空いていたので、
余裕だと思っていたのですが、
食べ終わってみると相当に満腹でした。

Img_20240519_1204221minImg_20240519_1204061min

懐かしのブリキ看板と、
お店のウィンドウを飾る懐かしグッズ達も素敵。
もちろん、店内は昭和歌謡に引けを取らないほど
見事なまでの”懐かし空間”です。

美味しくてとても満足感が高いです。
次は原点に戻って
かれーを頂こうかなぁと思います。

Img_20240519_124858minImg_20240519_125255min

リサイクルショップで入手したのは、
LEDライトでした。
何本か同じような価格で売ってましたが、
一番小さくて、テールの形状が面白い
こいつをチョイスしてみました。

Jetbeamというメーカーの、
JET-1MKという単三電池1本仕様のライトです。

主な仕様は
単三電池で最大150ルーメン、
14500電池(リチウム)では最大480ルーメン。
IPX8防水(水中2メートル)。LEDはCREE社製「XP-G2」。
ツイスト式スイッチでON/OFFと3段階 の明るさ切り替え。

後部にはポケットクリップと
ランヤードホール、三脚用のネジ穴を装備。

試しにリチウム電池(14500)を
入れて点灯させたら、
なかなかの明るさでした。
ただ、発熱が凄いので、
最大光量での長時間点灯は
気を付けた方がいいかも。

Img_20240518_112133minImg_20240518_112734min

オヌ夫妻から頂いた、
ベトナムのインスタントフォー。

Img_20240518_1121531minImg_20240518_1128101min

100均の電子レンジ調理機調理しました。
どのくらいの時間加熱すればいいのか、
微妙でしたがそれなりに完成。
調理時間をミスった気がします。
ちょっと緩かったかなぁと反省。

Img_20240518_1536211minImg_20240518_1540021min

同日、ベトナムのインスタントラーメンも
調理してみました。

Img_20240518_1540021minImg_20240518_1543191min

懐かしい感じの麺です。
スープはあっさりしています。
ピリ辛ですが、おやつ的な感じ。
紙製のパッケージがなかなかカワイイ。

Img_20240518_1239531minImg_20240518_1313561min

フロー状態を体験してみようと、
A4の用紙を万年筆で
ひたすら黒く塗りつぶしてみました。

しかし、細いFニブの万年筆なので、
どうにもスカスカになってしまいました。
ただ、結構集中できるのと、
達成感がそれなりにあるので、
例えば、ボールペンの芯を1本使い切るとか、
目標を決めて作業するといいのかもしれません。

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

福龍中華料理

のぼりが無ければ
通り過ぎてしまいそう。

Img_20240512_1206411_20240522141301

中華料理福龍にオヌ夫妻と来ました。

Img_20240512_120647_20240522141301

空き缶で作った風車が素敵です。

Img_20240512_1214561_20240522141301Img_20240512_1212271_20240522141301

店内は綺麗に整頓されていて、
調味料もバッチリでした。

Img_20240512_121441_20240522141301Img_20240512_121423_20240522141301

各々定食を注文しました。
私はレバニラ炒め定食(1000円)。

Img_20240512_122242

先に頼んでいた餃子。
焼き色が完璧過ぎです(笑)。

Img_20240512_122332_20240522141301

ラーメンと半チャーハン(1050円)
非常にいいビジュアルです。
なかなかにボリューミィです。

Img_20240512_122943_20240522141301Img_20240512_122945_20240522141301

レバニラ炒めがやってきました。
ご飯の盛が良いです。
だいたいこの手の炒め物は
ちょっと濃い味付けが多いのですが、
これは味付けが絶妙でした。

Img_20240512_1227461_20240522141301

スープにおしんこ。
落ち着きます。

Img_20240512_1214561_20240522141301

単品ラーメンを
ずずっと啜りたいです。
旨懐かしいお店でした。

近くに草加健康センターがあります。
そこの百年醤油特製ラーメンも気になります。

サウナで汗かいて、
失った塩分を特製ラーメンで補う。
そんな休日を過ごしてみたくなります。

| | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

久々にコシのある風布うどん

GW明けの平日、雨降り、
11時ちょい過ぎ頃、
行く当て無く走っていたら、
風布うどんの前を通り過ぎました。
駐車場の埋まり具合を見て「これはチャンス」と
ちょっと走ってからUターン。

Img_20240507_1106201_20240522141701

このお店は3度目ですが、
1度目以外は雨降りの入店です。

Img_20240507_1107451_20240522141701Img_20240507_1108101_20240522141701

券売機で肉汁つけうどんの並を注文し、
カウンター席に座ります。
850円でした。

Img_20240507_110938_20240522141701

カウンターテーブルの表面が
味わい深くて好きです。

Img_20240507_1109541_20240522141701

カウンター席の壁面もいい。

Img_20240507_112049_20240522141901

コシのあるうどんなので、
提供までに少し時間がかかります。
そういえばクーポンとかあるのかな?
探していたら、
「ちくわの磯部揚げ」のクーポン発見!
後だしじゃんけん過ぎるので
「ダメかなぁ~」と思いつつも
ダメ元でお願いしてみると、
快く受けてくれました。

ラッキーでしたが、次回から
クーポンは先に準備しておきます。

Img_20240507_1120551_20240522141701Img_20240507_1120521_20240522141701

熱々のつけ汁と、
コシのあるうどん。
このうどんのしっかりした
のど越しにファンが多いのだと思います。

Img_20240507_1120581_20240522141701

熱々の磯部揚げは、
「はふはふ」しながら頂きました。

Img_20240507_1128541_20240522141701Img_20240507_1129001_20240522141701

営業時間は、
火曜~日曜日が
11時~15時まで。
但し、うどんが無くなり次第終了だそうです。

定休日は月曜日だそうです。

Img_20240507_1308151_20240522142001

レイクタウンKaze3階のビレバンは、
まだ昆虫食押しみたいです。

昆虫食のTAKEO

Img_20240507_130808_20240522142001Img_20240507_130829_20240522142001

それぞれ結構いい値段ですが、
中身?が展示されていました。
さ、サソリ!

Img_20240507_130832_20240522142001Img_20240507_130834_20240522142001

タランチュラ!、タガメ!…。
唯一イナゴの佃煮が苦手な私ですが、
このラインナップも無理です。

Img_20240507_1308011_20240522142001

国産こおろぎまぜそばとか、
正気の沙汰とは思えません…。
さすがはビレッジバンガード

Img_20240507_133623_20240522142001

一方、同じKazeの2階のTUTAYAでは、
ご当地ラーメンイベントがやってました。

Img_20240507_1336291_20240522142001Img_20240507_1337191_20240522142101

おおっ、鳥好き用ラーメン”ブンチョウ”。
スパイシーな香り?と思ったら、
カレー味でした。

キリマルラーメン

水浴び後の文鳥はちょっと香ばしいですが、
カレーの香はしませんね(笑)。

シマエナガラーメンも気になります。

藤原製麺

Img_20240507_1349421_20240522142901

カレーのイベントもやってて、
一番目を引いたパッケージがこれ。

大阪のカレーやデッカオのカレーを再現した
レトルトカレーだそうです。

調べるうちに気になりだしたので、
トライしちゃうかもしれません。

GWが終わり、
ようやくイオンレイクタウンにも、
平日の静けさが戻って来たようです。

Img_20240507_140941_20240522142001

Mori3階のおかしのまちおか
購入したものです。

Img_20240507_1411341_20240522142101Img_20240507_1412071_20240522142101

DARSの香る苺ですが、
どうしてこれほどパンダ押しなのか?
実はパッケージの開放とは
全く関係のない誘導にひっかかりました。

Img_20240507_1414081_20240522142101Img_20240507_1414321_20240522142101

こんなところにまでパンダが…。
しかし、チョコは旨しですね。
香る苺が見事な再現です。
どうして安売りされているか、
訳がわかりません。

Img_20240506_115212_20240522142001

博多ラーメンの洋ちゃん食堂
久々に訪れました。

Img_20240506_1201121_20240522142001

ラーメン(850円)を券売機にて注文です。

Img_20240506_115408_20240522142201Img_20240506_115411_20240522142401

久しぶりなので、
麺の硬さのオーダーを忘れてました。
とっさに”カタ”で注文。
お冷はセルフです。

Img_20240506_1154291_20240522142001Img_20240506_1201291_20240522142501

麺量は替え玉前提な感じ。
私には丁度良い、腹八分的な感じでした。
麺の硬さはカタでもよかったと思いますが、
もう少し硬め…極端にハリガネとか注文しても、
おもしろかったかもしれないと、少し後悔。
優しい味の博多豚骨スープを飲干して
ご馳走様でした~。

| | コメント (0)

2024年5月 3日 (金)

魅惑のこってり中華そば 福や(三郷)

GW…どこへいっても渋滞なので、
以前、オヌに教えてもらった
三郷の中華そば福やに来ました。

Img_20240503_1202301_20240522150001

昼チョイ前でしたけど、
待たずに入店です。
全てがとても懐かしい感じ。

Img_20240503_114651_20240522150001

初めてだったので、
気になっていた
背脂のたっぷり浮いた
中華そばを探します。

Img_20240503_1147281_20240522150001

セルフでお水を注いで、
焦る気持ちを落ち着かせます。

Img_20240503_1146561_20240522150001

中華そば(650円)は、
あっさり、中間、こってりが選べるようです。
最初から無謀かとは思いましたが、
こってりで注文してみました。

Img_20240503_1152101_20240522150001

調味料も年季の入った
ちょっと懐かしい入れ物に入ってます。

Img_20240503_1150061_20240522150001

お孫さんのおもちゃだったのでしょうか、
窓辺に並んだおもちゃ群の中に、
ゆるいパンダのスノードームを発見しました。

Img_20240503_115322_20240522150001

中華そばのこってりが到着。
まさにこれですよ…望んでいたビジュアル。
これ、中華麺が懐かし旨し。
海苔がいいアクセントになってます、
表面にたっぷりの脂との相性も抜群。
メンマとチャーシューもバッチリで、
とてもバランスがいいと思いました。

結局、こってりスープを、
完飲するほどにのめり込みました。

Img_20240503_1159401_20240522150001

さて、お財布からお代を準備していたら、
珈琲がサービスで出てきました。
小さく可愛いカップに注がれた珈琲。
普段はお砂糖は入れない派なのですが、
こってりスープを飲みほした後は、
お砂糖入りの珈琲がやけに旨く感じました。

Img_20240503_1201481_20240522150001

演歌歌手のポスターも貼ってあって、
昭和、平成、令和が交錯する、
なんとも不思議な時の流れる空間でした。

佐々木麻衣/約束岬

Img_20240503_1621401_20240522150101Img_20240503_1622571

GW後半戦は穏やかな天気でスタートしました。

Img_20240503_1622111_20240522150101

ブラブラ歩くとちょっと汗ばむ陽気です。

Img_20240503_161347_20240522150201

Dsc01917

最近はこのパープルのコンデジも
持ち歩いています。
フォーカスが結構早くて、
カメラお任せでバッチリな写真が撮影できます。
ゆるーいお散歩のお供には丁度いいサイズ。

SONY DSC-WX7 中古で買いました。

Dsc019181 Dsc019251

最近はスマホカメラの性能が良くなりました。
もう、スマホで充分じゃないかな?
という気がしますけど…。

デジカメといえば高機能/高価格なミラーレス機が
業界では製品の主流となっているようです。

趣味の領域とはいえ、
最新機は値段が高すぎて、
簡単に手が出ません。

また多機能過ぎて、
性能を持て余します。

そんな背景もあってか、
中古で比較的安価に入手できる
ちょっと古めのクラシックコンデジで撮影し、
ユルくてエモイ写りの写真を楽しむ事が、
流行ってるみたいですね。

Dsc019531

ふと立ち寄った公園。
陶器製のベンチに、
懐かしい遊びが印刷されています。

Dsc01946 Dsc01948

コンプリートしたくなって、
一通り撮影しちゃいました。

Dsc01947 Dsc01949_20240503173301

私以外、誰もいない日中の公園…。
なんともさみしいようなシチュエーションですが、
降り注ぐ太陽光線がそれをはねのけてくれます。

Dsc019551

ただタイミングが悪かっただけ。
きっとGW以外は、
子供達で賑わっているのでしょう。

Dsc019651 

ただのベンチだけれども、
子供たちに遊びを伝承してくれる。
素晴らしい発想だと思います。

Dsc019731 Dsc019721

太陽光線が、
草花に反射して、
緑が跳ねる。

活気に満ちあふれている、
誰もいない静かな公園でした(笑)。

| | コメント (0)

2024年4月26日 (金)

とんかつ旨し、とん平(千葉県野田市)

友人オヌからの連絡で知ったお店、
千葉県野田市のとん平
最寄り駅は東武野田線の愛宕駅です。

とん平…とん平と言えば、
『ヘイ・ユー・ブルース』でお馴染みの
左とん平さんなのですが…。

お店は少し奥まった所にあるので、
店を見つけるのは、
難易度が結構高いと思います。

通りから路地裏に入るイメージです。
”とんかつの看板”をお見逃しなく。

Img_20240426_1307081

昼の1時半頃にバイクで到着。
駐車場は意外とたっぷりあります。
ただ、道が狭いです…ね。

Img_20240426_1307271 Img_20240426_1307481

看板の焼酎”TRIANGLE”の文字が、
時代を感じさせてくれます。

Img_20240426_130802

昼の営業時間は12時~14時。
夜は17時半~22時だそうです。
定休日は月曜日。

Img_20240426_1308131 Img_20240426_1308151

混んでない時間を狙いましたが、
お昼は13時ごろ入店がいいかもしれません。
客は私以外に1名だけでした。

店内は昭和レトロ。
客に愛されているお店だという事が
店内に貼られた写真でわかります。
訪れて確かめてみてください。

何を食べようか迷いましたが、
とんかつ定食(880円)を注文。

Img_20240426_132131

定食の鏡みたいなベストな配置です。
アイスコーヒーまで付いてます。
小鉢のたけのこの土佐煮が嬉しい。

Img_20240426_1321411

とんかつのボリュームがいいです。
肉はやわらかく、衣がサクサクで旨かった~。
これはリピートしたくなりますね。

Dsc03163 Dsc03151

先日、川口駅の西口に降り立った時の写真です。
あいにくの曇天でしたが、
オブジェの重厚感が増して見えました。

Dsc031681

オブジェが結構ありますね。

Dsc03166

せっかくなので、
待ち時間に少し散策してみました。

Dsc031691 Dsc031721

子供の銅像です。
男の子と女の子、
ストーリーを感じさせる配置です。

Dsc031731

子供と母親。
(弟とお姉さんかもしれません)

Dsc031761 Dsc031791

動いているのか分かりませんが、
時計塔も面白いですね。

Dsc03178_20240426143501

公園に隣接した広場は、
毎日利用している人には
ありふれた風景かもしれませんが、
私にはとても新鮮に感じました。

Dsc03182

花も綺麗でした。

| | コメント (0)

2024年3月30日 (土)

久々にバイクに乗って

急激に春めいて、
通り過ぎて暑すぎます。

Img_20240328_1010361 Img_20240328_1010511

文鳥柄の靴下を発見。
マニアの間で密かな人気の文鳥が、
何気に注目されているようです。
しかし「黒ぶんちょう」とは…。
新種の発見でしょうか?
初めての文鳥ワードです。

Img_20240328_1011091

可愛い白文鳥…。
リアルだと指は四本なんですよねぇ。
でもカワイイ。
これを履くと、
足の甲が文鳥になります。
なかなかにシュール。

Img_20240328_1015521

私は100円ショップで発見した、
文鳥柄のてぬぐいを2枚購入しました。

Img_20240329_1508091 Img_20240329_1508161

さて、桜も開花をはじめましたが、
まだ見どころタイミングではないようです。
時間の問題ですがもう少し。

ただ、菜の花はいい感じですね。

Img_20240330_1118271

久々に乗ったバイクで、
目的地はラーメン爺にしました。
久々過ぎてワクワクします。

Img_20240330_112034

土曜日、11時20分頃に到着。
店内は空いてます。
が、お店の前の道が激混み。
バイクで反対車線側からアプローチしたので、
スムーズに入店出来ましたが、
車だとちょっと厳しそう。

平日だと意外と大丈夫なのですが。

Img_20240330_1120541 

ミニチャーシュー丼(150円)。
ラーメンとセットで注文できます。

Img_20240330_1122061

お目当ての爺らーめん(650円)です。
50円値上げはいたしかたなし。
メニューには竹岡式風と記載があります。
チャーシューの量と煮汁を使った
尖った味のスープがたまりません。

玉ねぎのみじん切りが
シャキシャキ歯ごたえで旨い。

常連さんは玉ネギ増しとか
麺かためとかオーダーしてました。
なるほど、奥深し爺ラーメン。

Img_20240330_112203

数量限定サービスのおしんこセットを頂き、
チャーシュー丼にマヨをかけたら、
深く味わいましょう!

Img_20240330_124716

久々に乗ったので、
まず、エンジンが掛かるか不安でしたが、
アドレス号は結構タフ。
一発始動でした。

ただ、ちょっとセル弱め。
バッテリーがヘタってるのでしょう。
5年程バッテリー交換してませんから、
今年は交換メニューに加えます。

Img_20240330_1244461 Img_20240330_1247021

とにかく天気がいい。
バイク日和です。
すれ違うライダーも比較的軽装で、
気分のいい春のライディングを
共感できているようで、
ヘルメット越しに笑みが漏れます。

DJI OsmoAction4の
テスト撮影もしました。

TELESINのネックマウントに
ULANGEのマグネットマウントを付けて、
カメラを首下げ装着。

結構重さを首に感じます。

撮影モードは
4K30fpsの
Horizon Balancing
(45°まで水平維持)

水平維持は微妙な時もありましたが、
テスト撮影ですので、
今後対処法を模索しています。

最近は少し出不精気味だったのですが、
バイクやアクションカムに触れて、
いろいろと試してみたくなりました。

| | コメント (0)

2024年2月22日 (木)

コクアルドはコクあるよ!

頂き物の珈琲パック試します。
コクアルド…パッケージが
いい感じにゆるいですね。

Img_20240220_161158

EM栽培豆使用とあります。
豆の原産国はコスタリカ。
はて、「EM」とは何ぞ?
EMとはある種の微生物の
集合体のようです。

Img_20240220_161211

Effective Microorganisms
(有用な微生物の集合体)の頭文字。
我々人間の腸内にも
善玉・悪玉・日和見菌が生息していますが、
ヒーローの集合体とイメージすればいいでしょう。
さながら戦隊モノ的な感じ。

Img_20240222_124456

カップ&ソーサーを準備。

Img_20240222_1245371 Img_20240222_1247381

コーヒーパックを入れて、
お湯を160㎖そそぎ、
お皿で蓋して4分蒸します。

Img_20240222_125216 Img_20240222_125310

出来ました。
いい感じですね。
香りも良く、
コクもあるど~って感じで。
貴重な一杯を堪能しました。

普段はチェーンの珈琲と、
インスタントコーヒーを飲んでいるので、
「違いの判る男」ならず、
「違いは判る男」となっております。
これは只者にあらずと…感じました。

| | コメント (0)

2024年1月12日 (金)

あの素晴らしい愛をもう一度、レトロで昭和歌謡が流れるカレー屋さん牛辰

去年の暮れから楽しみにしていて、
2024年の1月6日からオープンした
ライスカレー屋牛辰に寄りました。

1月12日現在、
まだネットに情報はありませんが、
旧歩陽門の場所です。

Img_20240112_1132411

元々は焼肉屋さんでした。

Img_20240112_1132551 Img_20240112_1133051

いつも店先に飾ってある
レトロな看板が気になってましたが、
焼肉店の時は訪れてません。
カレー店になってからの入店です。

Img_20240112_1133171

牛丼…いきなりびっくりです。
はす向かいにすき屋がありますが、
元々は焼肉店のこちらの牛丼の方が、
美味しいはず。
心揺さぶられつつ、入店です。

Img_20240112_113601

内装は焼肉店のままだそうですが、
レトロな内装が非常に凝ってます。

Img_20240112_1135291

お水がジョッキでした(笑)。
徒歩なので、
思わずビールを注文したくなります。

Img_20240112_1134061_20240112123001

シンプルなドリンクメニュー
びん・ビール、いいですね~。
11時半~14時半(ラストオーダー14時)
のランチタイムのみの営業のようです。
定休日は水・木曜日だそうです。

Img_20240112_1134591

5種類あります。
牛すじカレー(900円)をオーダー。
ライス大盛、ルー大盛もそれぞれ
オプション料金100円で可能。

Img_20240112_1138201

「あーっ、牛丼気になる~」
それにしても、
この手書きメニューが
とても味わい深いです。

Img_20240112_1135011

箸、フォークたてが牛乳瓶ですよ。
そう、店内に昭和歌謡が流れています。
あの素晴らしい愛をもう一度』とか
RCサクセションの『ぼくの好きな先生』…etc.
タイムスリップ感満点で心地よい感じ…。

Img_20240112_113717 Img_20240112_113724

私の座ったテーブル席は、
隣に鉄道模型のジオラマがあります。
めちゃくちゃ精巧に出来てる。

Img_20240112_1134191 Img_20240112_1134171

見ごたえ十分です。
他にもいろいろ目を引くような
懐かしいものが多数ありましたが、
実物を見て楽しんでほしいです。

Img_20240112_114253

牛すじカレー到着!
なんだか新鮮です。
凝ってますねぇ。

Img_20240112_1143521

サラダのドレッシングは、
焼肉のたれっぽい感じで、
ガツンと主張してきます。

Img_20240112_1143061_20240112123001 Img_20240112_1142571_20240112125501

おしんことらっきょう、ナイス!
スープまでついてきます。

Img_20240112_1143011_20240112125601

ルーは中辛位の辛さですかね。
マイルドな味わいで量もいい感じです。
牛すじがとても美味しいです。
やはり、元焼肉店のこだわりかもれませんね。
これは牛丼を食べてみたくなりました。

| | コメント (0)

2024年1月 4日 (木)

カレー初め2024

なんと、
BECK'S初めから
スタート。

早朝のちょっと贅沢な時間。
珈琲がいいですね。

Img_20240104_0644551

乗り換え駅では
意外と人が多い印象。
世間が動き出した感があります。

Img_20240104_1132351

さて、元旦カレーは失敗しましたが、
カレー初めをAGNIで頂きます。

Img_20240104_113313

普段はテイクアウト専門なので、
久しくランチを頂いていませんでした。

Img_20240104_1137371 Img_20240104_1134471

マトン激辛でランチをチョイス。
ナンとラッシーでオーダーです。
カレー毎に微妙に価格が違いますが、
880円は非常にリーズナブルです。

Img_20240104_1147171 Img_20240104_1147211

ハッと我に返り、
マンゴーラッシーがよかったと、
大きく後悔しました。

マンゴーラッシーの方が、
濃厚感が強い気がします。

Img_20240104_1149091_20240105145601

ナンの焼き加減いいですね。
薄いせんべいみたいな、
パパドも乗っててサービス満点です。
サラダも小皿にみっちりです。

Img_20240104_1149211 Img_20240104_1149181_20240105145701

サラダの謎ドレッシング
モリっとたっぷりです。

リケンのカレー屋さんの謎ドレッシングとは、
味わいがやはり違います。

このドレッシングは
店毎に微妙に味が異なるので、
お店で作っているのかもしれませんね。

マトンカレーもテイクアウトの
プラスチック容器とは違って、
ビジュアルが抜群です。

噛み応えのある、
ごろっとしたお肉がたっぷりで、
非常に旨かったです。

Img_20240104_1156191_20240105145701

お替りナンをお願いしました。
ランチの魅力はナンとライスの
無料お替りなんですよねぇ。

あーっ、旨い。
焼きたてナンは格別です。

Img_20240104_180434

夜はテイクアウトです。
マトン激辛ライスをチョイス。
550円で安いと思うのですが、
ランチを食べちゃった後では、
ちょっと微妙な気持ちになります。

Img_20240104_1804531 Img_20240104_1804571

相変わらずライス多め。
カレーはお肉が沈んでいます。
テイクアウトだと、
どのカレーを選んでも、
550円の均一価格なので、
まぁ、それが魅力かもしれませんね。

| | コメント (0)

2023年12月27日 (水)

草加のしなの珈琲店でブレンドコーヒーを味わう

年末は無駄に休みを取ったので、
ブラリと美食を堪能してみる。

P99604291 P99604111

草加のしなの珈琲店に到着です。
喫茶店と思いきや、
なぜか海鮮が並ぶのです。

P99604121

年末の海鮮大売り出し
手書きの看板がある。

Img_20231227_1111341 Img_20231227_1113241

エレベーターでビルの3階に到着すると、
となりのカラオケボックスから、
歌声が流れてました(笑)。

入口付近には海鮮が並べられ、
お魚市場の雰囲気が漂う。

奥が喫茶店的なのが、
妙に面白いです。

Img_20231227_1113161

座席は結構沢山あります。
奥に着席しました。

北島三郎鳥羽一郎山本譲二的な
演歌流れる不思議な空間です。

Img_20231227_1111201_20231227145901

生トロ丼をチョイス。
ご飯は無料で大盛にできるそうですが、
普通盛りでお願いしました。

Img_20231227_111421

凄い…圧巻でした。
味噌汁と小鉢付き。

Img_20231227_1114251 Img_20231227_1114271

これは…。
わざわざ海の近くまで遠出して
海鮮丼食べなくても十分な
ネタの種類と味わいです。

これで1650円(税込)?
素晴らしい。
ご飯は普通盛りにしてもらいましたが、
ネタが豊富なので、
大盛でもイケた気がします。

Img_20231227_1111261

さて、店名の珈琲
味わってみましょう。

Img_20231227_112820

ブレンドをチョイス。
300円(税込)です。
上品すぎます(笑)。

Img_20231227_1128241 Img_20231227_1128281

旨いですね。
チョコとミルクと、
見慣れない包が…。

Img_20231227_1129151

これ、角砂糖じゃないですか。
かわいく包まれています。
普段はブラック派なんですけど、
思わずこの角砂糖を使っちゃいました。

P99604591

程よくお腹満たされ、
芭蕉ととともにウォーキング。

P99604611 P99604691

ナマズの看板が気になります。
なかなかの大ものでした。

P99604791 P99604781

5角形の建物が気になったので、
探索してみます。
松尾芭蕉の記念写真台まである。

P9960481

なんと、中に入れるそうです。

P99604831

木造の階段です。
靴を脱いで登ります。

P9960492 P9960487

美しき天井。
高さは低いのですが、
程よい眺めでした。
ぜひ、お試しあれ。

札場河岸公園

P99605011

其の後、
綾瀬川の松並木を散策し、
ウォーキングも十分堪能しました。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧