« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »

2023年12月31日 (日)

2023年の大みそか

せっかく年末にとった
無駄に長い休みも、
終わりに近づくにつれ
ダラダラモードとなりました。
せめて大みそか位は、
シャキッとしようと、
一年のお礼と散歩を兼ね、
神社巡りへ出発です。

Dsc035281 Dsc035271

狛犬が気になります。
エジプトのピラミッドにある
スフィンクスも狛犬なんじゃないか?
という説もあり、
個人的には面白いと思っています。
ならば、スフィンクスは
2つ存在することになるのですが…

Dsc03512

初詣の準備の電飾は、
白熱電球でした。
あと何年かすると、
まちがいなくLEDになるのでしょうね。
時代の移り変わりですねぇ。

Dsc03572 Dsc03569

別の神社の狛犬。
相変わらず凛々しいですね。

Dsc035801

灯篭の鹿レリーフが妙にキュート。
2024年がもう間近です。

初詣よりもカレー初めの方が
先行しそうな予感がします。

| | コメント (0)

2023年12月28日 (木)

カメラを持って散策

最近はスマホのカメラで
事足りる事が殆どです。

ですが、たまにはカメラ達を
持って散策してみます。

Dsc04843 Dsc04848

マクロレンズで撮影してみます。
手持ちなので微妙ですね。
被写界深度が深く、
ピントは結構シビアのです。

Dsc04826 Dsc04792

暫しAFで撮影してましが、
久々過ぎて、
MFへの移行に
手間取りました。

Dsc04846

中古で買ったSONYの
E 30mm F3.5 Macro
コンパクトさと描写が好きなので、
もっと活躍させたいです。

Dsc04830

エモい写真を撮りたくて、
instax PALも連れ出しました。
今、チェキフィルムの供給が
不足しているらしく、
店頭でフィルムを見かけなくなりました。
ネットでも高値が付いたりしている。
そんな中、PALは
デジタルチェキ画像を生成する
能力を持った期待のカメラです。

01d1a0ad91fc4b5492843cc983223711 Cc6b835d4d5f463caf1852fd124a1b8a

A9c9ba046de8488298b2f650c33ff5c1
Img_20231228_120451 Img_20231228_120227

Img_20231228_120524

野田のイオンに併設された
もりのゆうえんち
激しいアトラクションはありませんが、
なかなかにまったり感のある遊園地です。

Dsc046771 Dsc046811

高倍率ズームを備えたコンデジは、
なかなか頼もしい存在です。

Dsc046851

光学30倍ズームは圧巻で、
スマホ撮影での唯一の不満を
解消してくれる存在です。

SONY DSC-HX60V

Dsc04655 Dsc04670_20231228150201

デジタルズームで60倍まで寄れますが、
F値が相当に暗いので、
ほぼ日中のみに
撮影は限定されます。
月の撮影や、
広角時の撮影は問題無いので、
意外と万能な存在です。

Dsc04667 Dsc04664

スズメの成る木を発見しました。
非常によく実っています。

Img_20231228_1105411 Img_20231228_1105461

最近気になっているラーメン店
山中屋に行ってきました。
菅野製麺所の看板が出ていますね。

Img_20231228_1106001 Img_20231228_1108401

非常に迷いますが、
塩が一番人気だそうで、
オススメから頂こうと思います。

ただ、限定に弱いので、
1日10食の幻の塩を
チョイスしました。

Img_20231228_1107281

非常に綺麗な店内です。
カウンター席に着席。
調味料はテーブルに置いてないので、
味編アイテムとして、
声かけが必要です。

Img_20231228_1111251

来た!『幻の塩』です。
全く隙のない完璧なビジュアル。
チャーシューの食べ応え。
可愛いナルトがアクセント。
ネギと海苔が脇を固める。
肉厚のメンマと味玉。
全てが絶妙なバランスで配置され、
目にもガツンと来ました。

スープはやさしく麺と絡み、
蓮華ですくえる限界まで、
しっかりと頂きました。

非常に旨かったです。
満足度が高かったので、
他の味も頂きたくなりました。

Img_20231227_1622211

別の日ですが、
空を見上げると鰯雲。
鰯雲や鱗雲は俗称で、
巻積雲が正式名称らしいですね。

| | コメント (0)

2023年12月27日 (水)

草加のしなの珈琲店でブレンドコーヒーを味わう

年末は無駄に休みを取ったので、
ブラリと美食を堪能してみる。

P99604291 P99604111

草加のしなの珈琲店に到着です。
喫茶店と思いきや、
なぜか海鮮が並ぶのです。

P99604121

年末の海鮮大売り出し
手書きの看板がある。

Img_20231227_1111341 Img_20231227_1113241

エレベーターでビルの3階に到着すると、
となりのカラオケボックスから、
歌声が流れてました(笑)。

入口付近には海鮮が並べられ、
お魚市場の雰囲気が漂う。

奥が喫茶店的なのが、
妙に面白いです。

Img_20231227_1113161

座席は結構沢山あります。
奥に着席しました。

北島三郎鳥羽一郎山本譲二的な
演歌流れる不思議な空間です。

Img_20231227_1111201_20231227145901

生トロ丼をチョイス。
ご飯は無料で大盛にできるそうですが、
普通盛りでお願いしました。

Img_20231227_111421

凄い…圧巻でした。
味噌汁と小鉢付き。

Img_20231227_1114251 Img_20231227_1114271

これは…。
わざわざ海の近くまで遠出して
海鮮丼食べなくても十分な
ネタの種類と味わいです。

これで1650円(税込)?
素晴らしい。
ご飯は普通盛りにしてもらいましたが、
ネタが豊富なので、
大盛でもイケた気がします。

Img_20231227_1111261

さて、店名の珈琲
味わってみましょう。

Img_20231227_112820

ブレンドをチョイス。
300円(税込)です。
上品すぎます(笑)。

Img_20231227_1128241 Img_20231227_1128281

旨いですね。
チョコとミルクと、
見慣れない包が…。

Img_20231227_1129151

これ、角砂糖じゃないですか。
かわいく包まれています。
普段はブラック派なんですけど、
思わずこの角砂糖を使っちゃいました。

P99604591

程よくお腹満たされ、
芭蕉ととともにウォーキング。

P99604611 P99604691

ナマズの看板が気になります。
なかなかの大ものでした。

P99604791 P99604781

5角形の建物が気になったので、
探索してみます。
松尾芭蕉の記念写真台まである。

P9960481

なんと、中に入れるそうです。

P99604831

木造の階段です。
靴を脱いで登ります。

P9960492 P9960487

美しき天井。
高さは低いのですが、
程よい眺めでした。
ぜひ、お試しあれ。

札場河岸公園

P99605011

其の後、
綾瀬川の松並木を散策し、
ウォーキングも十分堪能しました。

| | コメント (0)

2023年12月26日 (火)

懐かしい感じの喫茶ランチ、赤羽暖母

40年以上の歴史があるという、
赤羽の喫茶店暖母に向かいます。

Img_20231226_113310

開店の11時半に合わせて到着。

Img_20231226_1136251 Img_20231226_1137281

続々とお客が入店してきます。
11時40分には予約席以外は、
ほぼ埋まっている状態になりました。

歴史を感じるレトロな内装。

Img_20231226_114059

いつから始めたのか、
飲み放題メニューも魅力的。

Img_20231226_1137181 Img_20231226_1138041

テーブルのガムシロップも、
サイズがでかい(笑)。
ハンバーグ定食を注文しました。
ドリンクはアイスコーヒー。
銅製のマグカップが、
いい感じに冷えてます。

Img_20231226_114438

ハンバーグ定食(750円)です。

Img_20231226_1144461

ご飯の盛りも多めで、
味噌汁付きです。
味はタイムスリップしたような
なんだか懐かしい感じ。

Dsc06602

今度来るときは、
オムライスかカルボナーラを
頂きたくなりました。

Img_20231226_1157391 Img_20231226_1157511

軽く散策して、
探してた10円ゲームを発見。
時代の名機が並んでます。

お菓子の種屋

Img_20231226_1157081 Img_20231226_1157461

10円入れてトライしてみましたが、
ほぼ瞬殺でした…Orz。

Img_20231226_1204121

一番街シルクロードに規制線が…。
何やら事件があったようです。

Img_20231226_1204231 Img_20231226_1204531

とはいえ、
他は平常運転のようです。
せんべろや蛇口からレモンサワー
の看板にワクワクしちゃいます。

赤羽は大人が楽しめる
『アミューズメントパーク』
だと感じました。

Img_20231225_184449

クリスマスはシャトレーゼ
ショートケーキを堪能しました。
十分すぎます(笑)。

Img_20231224_1200121 

ユニボールワンPに追加して、
通常サイズ版も手に入れました。
『黄昏』というモスグリーンの軸です。
通常軸の方が圧倒的に使いやすいのですが、
時々太軸のPに持ち帰ると、
妙に新鮮な感じがして、
これはセットで使うと、
幸福度アップしそうです。

ユニボールワンFもPも
軸のカラーバリエーションが
非常に豊富なので、
部品を入れ替えて自分オリジナルの
ペンを簡単に作れるのも魅力です。

パステルカラーが多いので、
どの軸を組み合わせても、
面白くなる気がします。

| | コメント (0)

2023年12月19日 (火)

ユニボールワンPのカスタマイズを試してみた

先日、文房具屋で気になった
三菱のボールペン
ユニボールワンP

試し書きした感じは、
太軸で短くて、
愛嬌を感じるけど、
使いにくい…。

通常バージョンの
ユニボールワンFの方が、
圧倒的に実用的で使いやすい。

ただ、このFのデフォルメバージョン的な
Pがなんとも気になるのです。
ただ、Pの方が高いのです。

Fは330円(税込)で
Pは550円(税込)です。

Img_20231219_152209

で、買いました。
友人へのプレゼントとして、
コーヒーとヨーグルトを購入し、
パーツを組み合わせました。

Img_20231219_1522311


私としてはイケてる方を
プレゼントし、
残ったパーツで組んだ
これを自分用として使います。
なんだか、ハムスターっぽいと感じました。

このペンのオススメポイントは、
短いのに専用ではなく、
通常のリフィルなんです。
しかも、C300系のリフィルなので、
他のメーカーのリフィルとの互換性が高い。

軸のカスタマイズも出来るし、
リフィルでも楽しめるという、
なかなか遊び心をくすぐる
ボールペンなのです。

Img_20231219_0752151

ジンバルテストで、
筑波山に行ってきました。
早朝、暗いうちからの行動で、
少しワクワクしました。

Img_20231219_081846

平日の朝の筑波スカイラインは、
全然車がいませんでした。
朝日峠展望台頂上からの眺めは、
曇り空でしたがなかなかいいものです。

Img_20231219_0821061 Img_20231219_0821111

霜柱を発見です。
いやーっ、久しぶり過ぎて、
興奮しちゃいました。

軽く踏んでみましたが、
小学生当時の記憶が蘇ります(笑)。

Img_20231219_0858401 Img_20231219_0914421

常総風土記の丘公園に寄りました。
アートイベントをやっているようです。

Img_20231219_091259

無料のエリアで、
撮影OKな場所のみ巡ってきました。

Dsc034631

獅子頭にもフェードイン。
公園内では犬の散歩の人としか
すれ違いませんでした(笑)。

Dsc03496 Dsc03489

染谷古墳群もジンバル片手に潜入しましたが、
日中でもちょっと怖いですね。

Dsc034841

何も表示が無いので、
どこが古墳群なのかわかりません。

Dsc03485

恐らく、これかな?
という盛り土的なのがありましたが、
正解かどうかはわかりません。

Dsc03501

蕎麦を食べたいと思いましたが、
行動時間が早すぎて、
お店の開店時間とマッチしませんでした…Orz

お食事処曲屋で熱々の蕎麦食べたかった。

家に戻って
ジンバル撮影動画を確認しましたが、
課題は多そうです。
少しドリフトしてました。

まぁ、安価な中華ジンバルなので、
完璧を求めてはいけません。
使い方次第だと思うこととします。

Img_20231217_120312

先日、AGNIを昼夜で頂きました。
昼はマトン激辛ナン。
レンジでチンするごはんを
追加してみましたが、
今いち相性が悪いという印象です。

Img_20231217_1203541 Img_20231217_1203571

辛口だと物足りないので、
結果、激辛に戻りました。

ナンはもっちりでした。
ただ、焼き具合にばらつきがあるので、
それも含めて楽しみましょう。

Img_20231217_180616_20231219160301

夜はバターチキン激辛ライスをチョイス。

Img_20231217_1806301 Img_20231217_1806391

ライスが激盛でした。
今度、重量を計測してみたい。
ライスに反してルーが少な目。

私の場合、激辛だとは
ルーの消費は少ないで、
このライスの量でもオッケーでした。

Img_20231218_1435461

頂き物のBLUEMOON BEER
お気に入りの純銅ビアグラスで
頂きました。

フルーティな味わいで、
日本のビールと
また違った味わいでした。

 

| | コメント (0)

2023年12月16日 (土)

旨し、しじみラーメン

相当前からそのお店が気になってましたが、
かど地にあって入りにくく感じ、
今まで入店してなかったお店に、
バイクで訪れ入店してみました。

しじみらーめん龍苑

まったく前情報無しに入店です。

Img_20231216_1321011

13時過ぎなので、
先客2名がお店を後にするところでした。

Img_20231216_1321121

このしじみらーめんという
キーワードがずっと
気になっていたんですよね。

Img_20231216_132920

お店の内装はなかなか飛んでます。
すでに私の他に客はおらず。
イチ押しのしじみらーめん
(1000円)を注文です。

なかなか気さくな店長さんに、
しじみらーめんの誕生ストーリーを伺い、
期待は高まります。

追加で、麺類注文時に頼める、
ミニチャーシュー丼(250円)も
オーダーしちゃいます。

Img_20231216_133801

素敵なビジュアルです。
胡椒をテーブルに用意してくれましたが、
あえて、何も足さずにスープを頂きました。

Img_20231216_1338041

「あっさりだよ」という
店主の言葉とは裏腹に、
非常に旨味濃厚な印象でした。

20年前に試行錯誤して店主一人で
完成させたしじみらーめん。
ほんの少しの会話から伝わる
その情熱から、
恐らく今もなお
改良をを続けていると感じました。

1000円のラーメンは、
今までの感覚だと、
余程のインパクトが無いと、
注文は難しいのが現実ですが、
これは食べて納得の代物でした。

諸々経費高騰の流れの中で、
本来はもう少し値上げしたいのが
本音だと思いますが、
この値段での提供に
こだわっているのだそうです。

Img_20231216_1338071

ミニチャーシュー丼です。
このチャーシューが、
私にはどストライクでした。
「ホロホロなのに詰まってる」
そんなイメージです。

他のメニューも
頂きたくなりました。

Img_20231216_1412491 Img_20231216_1415131

土手でジンバルの
動作テストをしてきました。

Img_20231216_1415171 Img_20231216_1415151

このINKEE FALCONは、
すでに旧型になりますが、
ジンバルとしては小型であり、
私の所有するinsta360 ONE RSで、
外部音声入力を検討したり、
GoProのメディアモジュラーを
使用する予定が無いのであれば、
新型のFALCON PLUSでなくても大丈夫。

今から興味を持った方は、
PLUSしか新品での選択肢は無いので、
逆に羨ましいです(笑)。

夜間や低照度環境下の
アクションカムによる撮影で、
威力を発揮すると期待しています。

金銭的に余裕がある方は、
DJI OsmoPocket3等の
最新のガジェットを購入することを
強くお勧めします。
(きっとスムースに臨む映像を手に出来るでしょう)

| | コメント (0)

2023年12月10日 (日)

キッチンカーだらけのプチマルシェ

埼玉県戸田市美女木で、
キッチンカーの集まる
ミニイベントがあるという事で、
明けで行ってきました。

Img_20231210_1141211 Img_20231210_1122371

駅から結構歩きました。
イベント会場は小さいスペースですが、
軽自動車ベースのキッチンカーが
集まっているので、
意外と空間のある印象です。

Img_20231210_112219

歩き過ぎて喉が渇いたので、
何か飲みたい…。

Img_20231210_1112041

まずはサツマイモのお菓子と、
熱々のコーヒーを頂きました。

Img_20231210_1116151 Img_20231210_1118321

手作り感がたまらないです。
12月とは思えない陽気なので、
会場は穏やかなムードが漂ってました。

Img_20231210_112457 

生涯で殆ど食した事のない、
クレープに挑戦です。

Img_20231210_1126011 Img_20231210_1128031

どう食べていいのか、
悩みつつもなんとか完食。
甘くて旨い。
口の周りはクリーム&ジャムまみれ。

Img_20231210_1119411

ドラマ「たとえあなたを忘れても
で使用されていた車両が
展示されていました。
私はよくわからなかったのですが、
皆この車の周りで
思い思いに記念撮影してました。

Img_20231210_1121461 Img_20231210_1121481

Img_20231210_1121531

もう一台、テレビドラマ
珈琲いかがでしょう」で使われた
車両も展示してありました。

Img_20231210_1132041 Img_20231210_1133291

甘さの次はしょっぱさ。
たこせんを頂きます。
なかなかの深い味です。
ただ、夢中になって食べてたら、
上唇を前歯で噛んでしまって出血…Orz。

Img_20231210_1138551

最後はクールダウンしたくて、
アイスコーヒーを頂きました。
ほのぼのとしてよかったです。

普段、キッチンカーは別々の場所で
営業をしているみたいなので、
いろいろな味を一か所で楽しめるのは
なかなか貴重かもしれません。

Img_20231210_130336

1万6千歩歩いた時点で、
相当に長い間、気になっていた
萬万亭にいざ入店です。

Img_20231210_130640 Img_20231210_130602

日曜日13時過ぎですが、
ほぼ満卓でした。
初入店で良く分からないので、
人気メニューと書いてある
四川麻婆豆腐セットを注文です。

Img_20231210_1306461

暑かったので、
冷たい水が旨い!

Img_20231210_132033 

出てきました。
見事です。

Img_20231210_1320401 Img_20231210_1320421

麻婆豆腐はなかなかパンチのある辛さで、
ぎゅっと濃縮されたような
本格的な味わいです。
ご飯何杯でもイケそう。

サラダもいい感じですね。

Img_20231210_1320441

デザートの杏仁豆腐、
パッと見、地味に見えますが、
四川麻婆豆腐を食した後の
クールダウンには強い存在感です。

他の料理も食べてみたくなるほどに、
完成度の高い麻婆豆腐でした。

| | コメント (0)

2023年12月 8日 (金)

小さい秋見つけた

新しく手に入れたジンバルを持って、
公園に行ってみました。

P99602191 P99602211

丘の上に展望台があります。
遮るものが何もないので、
結構いい眺めです。

P99602301

ジンバル君スタンバイ。
どんな感じにブレを補正するのか、
期待しています。

ジンバルはINKEE FALCON
カメラはinsta360 ONE RS

P99602381 P99602441

片手にジンバル、
もう一方の手にカメラ…。
丘から下る感じで、
落ち葉が敷き詰められた
斜面をザクザクと進みます。

P9960263 P9960261

日差しが透けて、
紅葉した葉がとても綺麗でした。

P99603181 P99602491

ほぼジンバルの存在を忘れて、
シャッターを切ってました。

P99603691 P99602571

大量のどんぐり。

P9960277 P9960372

ただひたすらに、
もみじが綺麗です。

P99603841 

池に刺さってる杭の上で、
鳥が器用に眠ってました。
ズームレンズがあればなぁ…残念。

ジンバルはほぼ期待通りの性能でした。
ただ、細かな設定や、
製品の特性をもっと熟知して、
慣れていけば、いい動画を
撮影できそうな予感がします。

ジンバル撮影は、
どちらかというと、
日中の使用を想定したものではなく、
夕暮れや夜の光量が少なく、
電子手振れ補正が苦手な
領域をカバーできればなぁと、
期待してます。

Img_20231208_1119311

お腹空いたので、
麵屋三笑つばさに向かいました。
営業開始時刻を狙ったのですが
準備中…Orz。

近くの光月軒に吸い込まれます。

Img_20231208_1120571 Img_20231208_1120501

一番乗りでした(笑)。
カウンターに座り、
焼肉丼コンビ(750円)を注文です。

Img_20231208_112529

丼も普通な量なので、
食べきれるか
ちょっと心配になりました。

Img_20231208_1125351_20231210152001 Img_20231208_1125321

なんだかホッコリする味です。
流石に満腹になりました。
かなり苦しいです。

今度はチャーシュー麺頂きたい。

P99603991

お腹満腹過ぎたので、
レイクタウンに寄り道。
買い物ついでに
池を眺めつつ歩き、
カロリー消費を狙いました。

| | コメント (0)

2023年12月 7日 (木)

千葉県我孫子で坦々麺(豆でっぽう)

レッドのオススメの、
坦々麺を頂きに、
千葉県我孫子にある、
豆でっぽうに行ってきました。

豆でっぽうHP

Img_20231207_134140

12月とは思えない気温20℃。
久々にアドレス号に
跨り出発しました。

Img_20231207_1415451

平日の13時半を過ぎてますが、
お客さんの列が出来てました。

並んでいると、
まず、人数を聞かれて、
注文を取ってくれました。

坦々麺と餃子を注文です。

Img_20231207_1359241

坦々麺も旨いが、
豆でっぽう餃子も
美味しいらしい。

Img_20231207_1358331 Img_20231207_1358451

お座敷へ案内されました。
山椒が準備されています。

Img_20231207_1358481

お水を飲みながら、
再度メニューを確認してました。

Img_20231207_135932 Img_20231207_135939

味噌チャーシューも気になります。
最近はあっさり昭和系ラーメンを
食していたので番外編的な気分です。

Img_20231207_1404381

ギョウザ到着です。
よい焼き具合です。

Img_20231207_140436

濃厚そうなスープの坦々麺も到着。

Img_20231207_140428

スープを一口飲んで、
「濃い旨」とほくそ笑む。

山椒も試してみましたが、
スープにたっぷりナッツが入っていて、
食感が非常に楽しいです。

マイルドな辛さの坦々麺なので、
辛さが苦手な人でも
楽しめるでしょう。

残ったスープには
ごはんを投入するのが、
オススメなのだそうですが、
既に腹はいっぱいです。

わたしの後にもお客が続いていたので、
丁度いいタイミングで入店できました。

Img_20231205_1817451_20231207180001

冬用のインナーとして
ワークマンで購入した、
サーモライトエコモードが、
軽くて暖かいので気に入ってます。
結局、追加購入して
合計2枚のローテーションです。

去年購入した、
ワークマンの発熱インナー
ウォームファクトよりも、
着心地がいいです。

| | コメント (0)

2023年12月 5日 (火)

型落ち中古ジンバルを入手(INKEE FALCON)

だいぶ前に購入した、
ZHIYUN EVOLUTIONと、
旧型のアクションカム(Gitup G3)で
テスト撮影してみましたが、
機材の大袈裟感はさておき、
ジンバルの有効性を
再認識する結果でありました。

Img_20231205_1130311

なので、
INKEE FALCON
リサイクルショップで入手しました。
これは、現在所有している、
メインアクションカムである、
Insta360 ONE RSに対応したモデルです。

FALCON PLUSというモデルが、
現行型として売られています。

Img_20231205_1129141

まぁ、ジンバルも型落ちなら、
アクションカムも
もはや型落ちなので、
最新機には画質も安定性も叶いませんが、
トレンドを追い続ける財力と、
所有するアイテムへの愛着の為、
無駄なあがきをしてみます。

ジンバルは、
中古ゆえに部品に一部欠品がありましたが、
私の環境下では特に影響はありませんでした。
ただ、ファームが相当古かったので、
最新ファームにアップデートするのに、
かなりてこずりました…Orz。

旧システムと合わせて、
活躍してもらいたいと期待します。

| | コメント (0)

2023年12月 4日 (月)

instax Pal、なかなかに難しいです

12月に入って、
恒例のクリスマスデコレーションが、
あちこちで巻き起こってます。

Img_20231204_1009241 Img_20231204_1009341

我が人生の於いて
ケンタッキーを利用した記憶は、
数えるほどしかないみたいです。
この時期のカーネルサンダーズは、
雑な着こなしでメリー・クリスマス。

Img_20231204_1028241_20231204161001 Img_20231204_1155071

100円ショップキャン★ドゥで、
お買い物したのですが、
ピリ辛たらこの”あかり”は、
マヨネーズに入れると旨そうです。

Img_20231204_1522401 Img_20231204_1523271

缶詰のツナ・トムヤムも購入。
晩酌のお供に頂きましたが、
スッパ・ピリ辛なミラクル風味。
なかなかに刺激的でした。

Img_20231204_113041 

黒毛和牛焼肉歩陽門が、
結構前からお店を閉めていて、
気になってましたが、
その訳が分かりました。

で、令和6年1月6日から、
牛辰というカレー屋さんで、
再スタートするそうです。
非常に気になります。

Img_20231204_1130221 Img_20231204_1131131

看板はすでに新しい屋号の牛辰に
変わってますが、
お店外観は以前のままです。

Img_20231204_1130521_20231204161101 Img_20231204_1131051_20231204161101

店の感じとか、
レトロで懐かしい看板とか、
いい感じだと思っていたんですよね。

Img_20231204_113118_20231204161101

無理のないように、
カレー店も繁盛して欲しいです。
楽しみにしています。

Img_20231204_1418451 Img_20231204_1416581

instax Palは非常に小さいので、
最近は常に持ち歩いてますが、
まだ慣れていないので、
結構難しいです。

Img_20231204_1417121

愛らしい外観です。
ラベンダーブルー
気に入ってます。

Img_20231204_1423411 Img_20231204_1426131

すっかりいい感じに紅葉してます。

Img_20231204_1423031 Img_20231204_1426341

メタセコイア、イチョウの落ち葉。

Img_20231204_142628

足早の撮影と散歩でした。
A551df6c99064b5993f9521697664a4e 2c5d2863795d46ca8ab416d61aa06e54
Instax Palはスマホと連動する事で、
使い勝手が向上しますが、
普段の撮影はPal単体がオススメ。
Bluetoothでスマホに接続し、
画像が転送されるまで、
どのように写っているのか
分からないのが楽しいのだと思います。

7c2a2bd1170d48e7b4b20a3a8f7a5ee4 Cd14e05cb7bf40e091a6dc05678b8b39

正直、画質はよくないですが、
シャッターチャンスに強いというか、
適当に被写体に向け
シャッターボタンを押すと、
なんとなく撮れてます(笑)。

フレームはスマホに転送した
後でも変更できるので、
基本的には画角の広いワイドで
撮影した方が良いと思います。

白黒写真にしたり、
プリセットの画像補正も面白い。
トリミングもアプリで出来ますし、
文字も挿入できるので、

今までチェキが培った、
インスタント写真のテイストを
さらにお手軽に共有する事が出来る
外観とは裏腹に挑戦的なモデル。
これは完全にデジタル世代向けに
企画されたチェキなんだと感じました。

6d4b3d63afe6477cbb74d2b12831823c A552d0305be349e9ae894daced9ffaa1

別日(最初の頃)の撮影。
撮影枚数が増えるたびに
少しずつPalにシンクロして、
身体の一部みたいなフレーミングが
自然に出来そうな予感がします。
Palと共に成長するそんな感覚ですね。

| | コメント (0)

2023年12月 2日 (土)

松屋の牛丼並盛に癒しを感じた夜

遅番で地元駅まで帰ってきましたが、
徒歩で自宅まで戻るまで、
お腹がもちそうもないので、
駅前の松屋に吸い込まれました。

Img_20231201_2116061

帰りの電車で、
吉野家が「松屋牛丼の褒めつぶやき」
してたという記事を見てたら、
無性に松屋が恋しくなりました。

温かいお茶出てきました(嬉しい)。

Img_20231201_211734

牛丼並盛り400円をチョイス。
味噌汁付きでこの値段は驚異的です。

Img_20231201_211830

私は紅しょうが大好きなので、
ガッツリと紅しょうがを
トッピングさせていただきます。

この食べ方は、
筑波万博で吉野家デビューした私に、
当時の友人の食べ方を真似たもので、
三つ子の魂百までよろしく、
現在も私の脳のしわに
しっかりと刻まれています。

Img_20231201_2118361

あまり辛くない七味も、
たっぷり振りかけて頂きます。
普段から早食いなのですが、
この時ばかりはじっくりと噛みしめ、
同着した隣の客よりもゆっくりと
松屋の牛丼を味わいました。

遅番の松屋は癖になりそうです。

Img_20231202_1112531 Img_20231202_1113001

DJI Poket 3があまりにも
素晴らしいのですが、
価格が非常にネックであり、
高嶺の花なのです…Orz。

昔、江の島上陸作戦で使用した、
旧型のアクションカムをジンバルを、
引っ張り出して
アクションカム専用の
ジンバルの有用性について
再確認しています。

Img_20231202_1116321

INKEEというメーカーの
FALCON PLUSというジンバルが、
私の現在所有するシステムを
アップグレードしてくれそうです。

Img_20231202_1304021 Img_20231202_1315101

フジフィルムInstax Palは、
常時カバンに入れておいても苦にならない、
コンパクトサイズなので、
いろいろと自分なりの活用ポイントを
探っている最中なのであります。

まず、ペットみたいでカワイイです。
起動音とかいい感じ。

今回、microSDスロットに
512MBのメディアを挿入してみました。

内蔵メモリーじゃない外部メディアでも
50枚撮影ごとにアプリとの
接続からの転送する縛りは継続しますが、
メディア容量一杯まで
撮影データをバックアップできるので、
抵当な容量のメディアを挿入した方が
使い勝手が良くなりそうです。

Img_20231202_1315331 Img_20231202_1315301

撮影スタイルとしては、
小さく落下させる恐れがあるので、
しっかりと付属のストラップを
親指にかけて背面にある
シャッターボタンを押します。

広角レンズなので、
なんとなく狙った被写体は、
フレームに収まっている感じです。
突き詰めるならば、
スマホと連動させれば、
きっちりしたフレーミングが出来ますが、
ざっくり撮影して、
どんな風に映っているのかも、
結構楽しいものです。

Palとのシンクロ率を上げれば、
奇跡の1枚も夢ではありません。

綺麗に撮影するのが
このカメラの目的ではなく、
Palと撮影者と被写体のコラボで、
「瞬間を切り取る」
そんなデバイスです。

Img_20231202_1306311

公園や通りは銀杏が綺麗でした。
落ち葉も結構あります。

Img_20231202_1222021

良く訪れるリサイクルショップで、
銅製のグラスを入手しました。
価格は110円でした(笑)。

Img_20231202_1334271 Img_20231202_1334471

他の銅製タンブラーは、
330円のプライスが付いてましたが、
これだけ、110円だったのが購入の決め手。
あと、底に純銅の刻印がありました。

おそらく、貰い物を、
そのまま使わないままリサイクルへ放流した、
そんな感じでした。

Img_20231202_1346001 Img_20231202_1346061

ビールを注いで試飲しましたが、
非常にいい感じです。
スペシャル感が違います。

泡もいい感じだし、
少量でも満足出来そうな
そんな気がします。

美味しく冷たいお酒を飲む為に、
リサイクルショップで、
銅製の小さめのタンブラーを狙いましょう。
ヘたすると110円が一生ものですよ(笑)。

| | コメント (0)

« 2023年11月 | トップページ | 2024年1月 »