« YOSHIKAWA JAZZ NIGHT 2016 | トップページ | 謎肉祭 »

2016年9月11日 (日)

ちびパンをアップグレード

Dscn1536

何かと便利でかわいいフライパンのちびパンですが、
蓋は100均のものを使っています。
もちろん、これでも機能的には問題ないのですが・・・・。
Made in Japanの純正部品でアップグレードしたいと思います。

Dscn1538

ちびパンの一番の問題点は取っ手がむき出しの金属で、
火にかけると火傷するほど熱くなるため、
熱さをカバーするために手袋などが必須となります。
純正ではないのですが、革製のカバーを取り付けている方もいます。
しかし、純正でシリコン製ハンドルカバーが発売になっていたので、
お店に買いに行くと在庫が赤色1個しかありませんでした。
もちろん、カバーは購入しましたが、
展示品のちびパンと専用リッドの組み合わせをいじっているうちに、
あまりのフィットぶりに専用リッドも買おう!という事になりました。

Dscn1539 Dscn1540

うーん、確かにこの組み合わせは「さすが専用品」と唸ります。
ただ、リッドの取っ手部分は金属なので、開閉は手袋か、
棒状の物で釣らないと熱くて持てないでしょう。
私は先割れスプーンの柄を使っていますけど・・・coldsweats01

Dscn1542 Dscn1544

さて、シリコン製のハンドルカバーです。赤の他に青と黒があるのですが、
意外にも残り物の赤が気に入ってしまいました。
製品の耐熱温度は200度。でも、直火だと燃えちゃいます。
直径の小さなちびパンは取っ手部に直火が当たらぬよう、
火力をコントロールする必要がありますね。

Dscn1543

リッドとハンドルカバーを取り付けたちびパンは、
更に愛着が湧いてしまいました。
目玉焼きがいい感じにできるので重宝しています。
小さいサイズのかわいいフライパンなので、
調理してそのまま食卓へ出すというスタイルがオススメですhappy01

Dscn1632 Dscn1635

Snowpeakのチタン製先割れスプーンの一番小さいモデルを手に入れました。
機能はスクーと同じなので、追加の必要性は低いのですが、
この小ささはちょっと気になります。

Dscn1628 Dscn1627

先割れスプーンとショートスクーを持ち比べるとこんな感じです。
ショートスクーはアイスについてくる木のスプーン程の大きさ。
使ってみるとカップヌードル位の深さもなんとかカバーできます。
確かに、ちょっと不便だけど、それも許せるコンパクトさですhappy01

素材的にはステンレスの方が安価でいいのですが、
チタン製品は軽さ、耐腐食性において優れています。
なにより「チタニウム製・・・」と書いてあると、
何故か興味を惹かれてしまうのですよねぇ・・・不思議coldsweats01

|

« YOSHIKAWA JAZZ NIGHT 2016 | トップページ | 謎肉祭 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/64189020

この記事へのトラックバック一覧です: ちびパンをアップグレード:

« YOSHIKAWA JAZZ NIGHT 2016 | トップページ | 謎肉祭 »