« デジカメ(DSC-HX60V)試し撮り | トップページ | PILOT万年筆カクノにコンバーター取り付け »

2016年2月27日 (土)

簡単に使えるアウトドアテーブル

P1080354 Dsc00232

SOTO(新富士バーナー)のST-630という、
簡単に使えるアウトドア用テーブルを購入です。
専用のポーチはもちろん付属です。

Dsc00233

ワンタッチの仕組みがなにやら裏側にゴチャゴチャしていますが、
仕組みとは裏腹に使用方法は実に簡単です。


このように設営も撤収も実に簡単です。
以前、SnowPeakのOzenが気になっていたのですが、
価格がそこそこしたので購入に踏み切れませんでしたcoldsweats02
しかし、SOTOのST-630は価格こそSnowpeakと同価格帯に位置しますが、
使い勝手が驚くほどに違います・・・驚きでおもわず購入ですcoldsweats01

Dsc00236

A4サイズと非常に小さいですが、
工夫次第で色々と便利に使えそうです。
小型の調理器具はこの上で使えますね。

Dsc00207

LEATHERMANのBREWZERというツールも購入です。

Dsc00213 Dsc00215

ビクトリノックスのクラシックALを長年愛用していますが、
たとえ小さなツールであっても、刃物を持ち歩くのは、
問題のあるご時世なので、何か代わりの物はないかと探していました。
LEATHERMANならマルチルールを使ったこともありますので、
信頼のおけるメーカーと判断しました。
結構厚みがあって、ほぼ10円玉2枚を重ねた厚みです。

Dsc00210

機能的にはボックスオープナーと栓抜きだけなんですけどね。
鉄の爪的に機能するので、何気に活躍しそうな気がします。
ただ、ハサミ的な機能は無いので、そこが困るところなんですcoldsweats02

なんと、ビクトリノックのミニツールに
日本オリジナルのブレード無しモデルが存在するのですね。
これでも良かったのかも・・・と思いましたが、
本体が樹脂なんですよねぇ・・・残念。
クラシックALのようにアルミバージョンがあればいいのになぁ・・・coldsweats01

Dsc00203

ZIPPOのカイロ用のフリースを新調です。
もう、7年以上愛用していますので、
マジックテープ部が弱くなってきています。

Dsc00204

カイロの造形は非常に美しいと思います。
オリジナルのハクキンカイロよりも、
ZIPPOバージョンの方がロゴも含めて、
デザインが気に入っています。

本体の綿も自分で交換できるし、
火口も台所用洗剤で復活可能みたいなので、
体の一部のように身近になってきた冬の相棒です。

Dsc00218

デジカメ(Panasonic GF2)のレンズを、
しばらくその存在を忘れていた、広角レンズに交換です。

P1180820 P1180826

F8の固定絞りと光量が少ない条件では厳しいですが、
なかなか面白い画角で日中は意外と活躍します。
基本的にはパンフォーカスなので、速写性に優れ、
画角が広いのでノーファインダーでもある程度イケるので、
意外な発見が出来るかもしれませんhappy01

|

« デジカメ(DSC-HX60V)試し撮り | トップページ | PILOT万年筆カクノにコンバーター取り付け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/63270652

この記事へのトラックバック一覧です: 簡単に使えるアウトドアテーブル:

« デジカメ(DSC-HX60V)試し撮り | トップページ | PILOT万年筆カクノにコンバーター取り付け »