« クアッドコプター2号機が中国からやってきた | トップページ | クアッドコプター3号機 »

2016年1月11日 (月)

メガネのズレと肩こりをなんとしたい・・・。

私のメガネは樹脂フレームなので、
鼻あて部分の調整ができません。
フィット感の調整はツルの部分だけなので、
調整といっても限度があり、
狙い通りのフィット感には程遠いのです。
そんな訳で、日に何度もずり落ちるメガネが
気になって仕方ありませんcoldsweats01

P1180678

ツルの部分をバンドで繋ぎ、
安定させるグッズも見てきたのですが、
大げさな感が半端ないので躊躇していました。

ふと立ち寄った100円ショップで
シリコンチューブ的なものと、
フックみたいな形状のものを発見しました。
共にシリコン製で日本製です。

P1180679

チューブ的なものよりも
フィット感が増すであろうと思われる
フックタイプを装着です。

これが驚くほどに効果絶大でした。
激しい運動しても大丈夫かも?的なレベルです。
ただ、いいことばかりではありません。
メガネの装着がしずらくなりました・・・coldsweats01

チューブタイプはもっとライトな使い方を
想定しているんじゃないかと思います。

P1180683

パソコンを日々使用している為か、日常的に肩こりが酷いです。
肩こり解消の為に、小型のマッサージ器を何台か試してきましたが、
どれもイマイチな感じに終わっていました。

このたび最終兵器的なマッサージ器を、
リサイクルショップにて驚く価格で発見し、
思わず購入しちゃいました。

Panasonicのハンディマッサージャー
ツカミタタキAUTO EV2710Pです。

実は、これの下位機種である
タタキチョッパー AUTO EV2610Pは既に所有しています。
価格も手ごろでなかなか優秀なマッサージ器なのですが、
あと一歩というところが実に惜しいです。

Panasonicのマッサージ機は息の長い商品ですが、
EV2710Pは価格が高い為に購入を断念していました。

EV2710Pの特徴は、
「掴み叩き機能にある」といっても過言ではありません。

実際に使ってみた感想は、
ピンポイントでコリをほぐす感じです。
多少、刺激が強めに感じる時もありますが、
肩コリも酷くなってくると、
痛い位じゃないと効いている感がありませんから、
この位に突き抜けてくれた方が好みですcoldsweats01

これで、EV2710PとEV2610Pを同時に両肩で交互に使うという、
2丁拳銃的な荒業にも挑戦んできるかもしれませんcoldsweats01

|

« クアッドコプター2号機が中国からやってきた | トップページ | クアッドコプター3号機 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/63046594

この記事へのトラックバック一覧です: メガネのズレと肩こりをなんとしたい・・・。:

« クアッドコプター2号機が中国からやってきた | トップページ | クアッドコプター3号機 »