« 最近食べた旨いもの | トップページ | チータラをレンジでチンしてみた »

2015年5月16日 (土)

先割れスプーン

P1160708

愛用している先割れスプーンに再注目。
snow peakの製品なんですが、左側が新しいタイプです。
共にチタニウムという心をくすぐる材質で出来てますcoldsweats01
チタニウムは軽く、強く、錆びにくく、金属臭も無し。
イオン化しにくいので、金属アレルギーも起きにくく、
医療機器や時計バンド、宝飾品等にも使われていますね。

Dsc08077

先端形状を比較すると、新製品のスクーはフォーク色が強いです。
愛用している右側の旧型は、先割れスプーンの見本的な形状。

Dsc08079

新型のスクーには飯盒炊飯時に役立つ、
お米に対する水の量を示す刻印がされています。
値段は先割れスプーンが780円でフォーク形状のスクーが1,100円です。
スクーが一本あれば、ヌードル系も不便なく対応できると思います。

P1160703

カレーでは大差無しという感じですが、
ルーが緩いカレーの場合は、
先割れスプーン形状の方が有利かも知れません。

P1160711

2日目のカレーはスクーだけで頂きましたが、
特に不便は感じませんでした。
ルーをすくう動作も特に問題なしです。

P1160692 P1160693

ぜんまいは両社互角でしたが、
マロニーのような麺形状はスクーが圧倒的有利。
しかし、先割れスプーン形状でも案外いけるものです。
先割れスプーンの形状であれば、意外となんとかなるという気がします。
道具の特性を理解し、どのように使うかという事に尽きるという事ですかね。
アウトドアといえどもフォークとスプーンが用意できれば、それに越したことはなく、
箸が最適な状況だって十分あり得ますよね。

学校給食の影響だと思うのですが、
先割れスプーンは大人になった今でも気になる存在なのです。
しかも、それがチタニウムで出来てるという事になると、
自分にとっては注目度Maxになってしまいますcoldsweats01

話は変わりますが、
昔、カップヌードルの自動販売機には、
透明なプラスチック製のフォークが付いてましたcoldsweats01
スーパーで購入した時も「フォークいりますか?」と聞かれた記憶があります。
なので、今でも時々、カップヌードルをフォークで食べては、
当時を思い起こして懐かしい気持ちに浸っていますcoldsweats01

|

« 最近食べた旨いもの | トップページ | チータラをレンジでチンしてみた »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/61597931

この記事へのトラックバック一覧です: 先割れスプーン:

« 最近食べた旨いもの | トップページ | チータラをレンジでチンしてみた »