« 横浜中華街で初刀削麺 | トップページ | 夏の抜け殻 »

2014年7月18日 (金)

紙の角を丸めるツールと大地の恵み

カード等の四隅の角を丸めるツールとしては、
テプラのオプション品の専用鋏をずっと使っていました。
しかし、カードの大きさによっては処理のRがワンサイズしかないのが、
ちょっとした不満ではありました(テプラのオプションなので仕方ないですけど)。

Img_0001

「角をまるく処理したい・・・」
そんなマイナーな願いを叶えるツールは存在しないのではないか?
と思ってましたが、やはりあるんですね。ニッチな要求に応える商品がhappy01
サンスターのかどまるPRO・・・プロsign03

Dsc06031

掌にすっぽり収まるサイズでありながら、
S、M、Lと3種類のRサイズを選択できます。

Img_00023_2

まさに、角まる界のプロフエッショナルを名乗るにふさわしい存在です。

Dsc06034 Dsc06035

メカがシースルーになっているところは、
ガジェットおたくの心をくすぐる心憎い仕様となっております。

Dsc06039

実際に使ってみると痒いところに手が届く、
Rのバリエーションが素晴らしい。
必要のない人には何のことやらですが、これは素晴らしいですhappy01
定価980円と値段もリーズナブルです。

P1120667

自家農園で収穫した野菜達・・・写真の他に、インゲン&枝豆も豊作。
枝豆は茹でて頂きましたが本当に旨い。
居酒屋チェーン店の冷凍枝豆なんて、比較するレベルじゃないですcoldsweats01

P1120670 P1120671

スイカは意外と大きく、最大径は20cm位あると思います。
しかも、驚くほどに甘かったです。
大自然の恵み・・・恐るべしですhappy01

|

« 横浜中華街で初刀削麺 | トップページ | 夏の抜け殻 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/60003620

この記事へのトラックバック一覧です: 紙の角を丸めるツールと大地の恵み:

« 横浜中華街で初刀削麺 | トップページ | 夏の抜け殻 »