« 矢切の渡し(後編) | トップページ | 勝浦坦々麺、再び。 »

2014年5月 6日 (火)

BOSE 161Bを設置

音響について結構迷走していますが、
リサイクルショップでBOSE 161というスピーカーを、
破格の税込1,598円入手したので、DIYで設置を試みてみました。
もちろん、組み合わせるアンプは中華アンプのLepai LP-2020Aです。
組み合わせたLP-2020AはNFJの別注バージョンです。

Dsc05608

BOSE 161は、付属の専用ブラケットを介して天井から吊り下げたり、
壁に設置するタイプのスピーカーなのですが、
賃貸という事もあり、影響が一番少ない設置方法を模索してみました。

無難にコーナーにある段差を利用して設置する方法をチョイス。
ホームセンターで材木を購入し、のこぎりで45度にカットして嵌め込みました。
※ベースの板は、ズレ防止に釘で簡易的な固定をしてあります。

結果、意外としっくりと設置できました。
音的には、それなりかなぁ・・・という感じです。
以前購入したONKYOのスピーカーは低音が意外と強く出てましたので、
逆に低音特性がマイルドなこのスピーカーは、私好みかもしれません。
(このスピーカーはメインというよりも、
サラウンドスピーカーの一部(リア)として利用している方が多く、
元々、低音特性は低く評価されています。)

なんとも、一番疲れたのは、材木のカット作業です。
電動ドライバとか持っている癖に、
のこぎりがカッターレベルでしたcoldsweats02
(自分仕様なのでカットは非常に雑なレベルに陥りました。)

Dsc05610

これ、カッター用のこぎり刃を装備したカッターです。
小枝切りには便利かもしれないけど、材木にはねぇ・・・・。
やはり、道具は作業と仕上がりを左右する程重要であると、
改めて認識しましたcoldsweats01

|

« 矢切の渡し(後編) | トップページ | 勝浦坦々麺、再び。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/59595578

この記事へのトラックバック一覧です: BOSE 161Bを設置:

« 矢切の渡し(後編) | トップページ | 勝浦坦々麺、再び。 »