« ウクレレ・ペグ換装 | トップページ | NALGANE水筒 »

2013年3月18日 (月)

プラグ交換 その2

前回、実家の軽自動車のプラグを交換しましたが、
「そういえば、Vitz号のプラグ交換したのいつだっけ?」と思い、
調べてみると8万キロ付近での交換が最後と判明・・・。
現在の走行距離は16万キロなので、8万キロも交換していないcoldsweats01

Dsc02681

という事でプラグ&プラグソケットを入手です。
プラグソケットは前回の苦戦の教訓から、
保険的な意味合いで追加購入です。
KTCTONEので迷いましたが、
価格の安いTONEをチョイス。
ソケットレンチセットもTONEなので統一ですcoldsweats01

Dsc02679

Vitz(SCP-10)はエアクリーナーカバーを外すと、
プラグにアクセスできるので楽チンです。
それにしても、エンジンが汚いcoldsweats02

Dsc02682 Dsc02683

前回と違いスイスイと作業が進みます。
メンテナンス性がいいと楽ですね。

Dsc02686 Dsc02687

前回使ったプラグレンチを使ったのですが、
どうも、柄が短く力が入りにくくてプラグが外れない・・・。
熱で固着しちゃっているみたいで駄目だこりゃsad
という事で念の為、購入したプラグソケットが大活躍です。

Dsc02684

イグニッションコイル
・・・これも消耗品だそうです。

Dsc02685

プラグソケットはこんな感じでソケットレンチに装着です。
マグネットでプラグを保持するタイプでした。
柄が長くなるので”てこの原理”で力が入ります。

Dsc02688

プラグを外して驚いたのですが、
イリジウムプラグが入ってました。
ただし、接地電極に白金チップが使われてない
低コストタイプのイリジウムプラグの為、
接地電極は結構磨耗していました。

接地電極に白金チップが使われているタイプは、
10万キロの耐久性(通常プラグの5倍)があるそうです。

ただ、今回のプラグも特にエンジンが不調だった訳ではなく、
始動性も加速性もおかしいと思わなかったので、
意外とプラグって大丈夫なのかもしれません。

Dsc02689

パチンパチンと組みつけて終了(汚れはそのまま)。
試運転も問題なし・・・というか変化を体感できずcoldsweats01

通常、普通車で2万キロがプラグ交換の目安だそうです。

|

« ウクレレ・ペグ換装 | トップページ | NALGANE水筒 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/56982310

この記事へのトラックバック一覧です: プラグ交換 その2:

« ウクレレ・ペグ換装 | トップページ | NALGANE水筒 »