« NOTEで巡る中華蕎麦はやし | トップページ | 海の幸とプラグ交換 »

2013年3月 5日 (火)

単眼鏡や双眼鏡

公園に行くと野鳥たちがいたりしますね。
肉眼だと観察はちょっと難しい・・・デジカメ越しってのもちょっとねcoldsweats01

Dsc02480 Dsc02483

昔1万円程出して買った双眼鏡はどこへ行ったか忘れてしまったので、
低価格な双眼鏡を調べていたら、PENTAXのタンクローRが
性能的にコストパフォーマンス高そうって思いました。

しかし、「そういえば単眼鏡持ってたな」って事で、
ごそごそ引き出しを漁りだすと、
Vixenの奴が出てきました。

Dsc02497

Vixen アクティ H7×18 (写真上)   

■ 仕様 ■

・対物レンズ有効径:18mm
・倍率:7倍
・プリズム材質:BK7
・コーティング:マゼンタコート
・実視界:8.0°
・見掛視界:56.0°
・1000m先視界:140m
・ひとみ径:2.6mm
・明るさ:6.8
・アイリリーフ:10mm
・至近距離:20cm
・サイズ:22×33×109mm
・重量:60g
・原産国:中国
・購入時価格:1000円以下だったと思う

至近距離にもピントが合うこの手の単眼鏡は、
博物館や美術館で展示物の細部を鑑賞する時に便利なようです。

Dsc02487 Dsc02489

Vixen マルチモノキュラー H4×12   

■ 仕様 ■

・倍率:4倍
・対物レンズ有効径:12mm
・プリズム材質:BK7
・実視界:11.5°
・見掛視界:46.0°
・1000m先視界:201m
・ひとみ径:3.0mm
・明るさ:9.0
・アイレリーフ:15.0mm(ハイアイポイント)
・至近距離:約20.0cm
・サイズ:高さ5.8×幅3.1×厚さ3.3cm
・重さ:60g
・原産国:日本
・購入時価格:3150円

第一印象は「ちっさいcoldsweats01
倍率が低くコンパクトなこちらの方が値段は高いです。
ただ、見え方の違いははっきりしていてこちらの方がシャープで明るい。
見え方は値段に比例するのでしょうねぇ。

双眼鏡も魅力的ですね。
もし自分が購入するなら・・・PENTAXの製品かなぁ。
(デジタル一眼レフはPENTAXのK200Dを使っているのでね)

10910410495

タンクローRはコンパクトでくっきり見えるみたいです。
アイリリーフが短いのはメガネを常用している私にとってマイナスポイントですけど、
価格と性能のバランスが良く、非常に魅力的な双眼鏡です。
コンサートやスポーツ観戦等マルチに活躍してくれそうですね。

10910410070

タンクローWP 8×25 UCF WPは防水タイプの双眼鏡です。
これは光学性能的にもタンクローRと同等以上で、
IS保護等級6級相当の防水機能付きで、環境にを選ばず活躍します。
三脚用のねじ穴が付いているのもポイント高いです。
アウトドアでガンガン使うならこれでしょうね。

10910410063

最後はPapilio 6.5×21です。
これの魅力は近距離の対象物にピントが合うという事です。
一般的な双眼鏡だとピントの合う位置は最短で3m前後なのですが、
これは0.5m(50cm)なのです・・・驚異的coldsweats02
野山で昆虫や草木を拡大して観察したり、
博物館や美術館で展示物や作品の細かな部分を鑑賞できます。
(ただ、博物感や美術館で双眼鏡ってちょっと微妙ですけどね。)
単眼鏡と違って両眼で見るため、立体感があるそうです。

いずれの機種も1万円未満で購入することが出来るので、
入門機としてはいいのではないでしょうか?

自分なら、既に単眼鏡を持っているので、
一番タフそうな防水タイプが欲しいですかね。

ついつい倍率の高いモデルや、
ズーム機等に手を伸ばしそうになりますが、
入門クラスのコンパクト機を選ぶ場合は、
倍率8倍以下のモデルが手振れも少なく見ていて疲れにくいそうです。
高倍率モデルは手ブレや視野角、明るさの点で厳しいそうです。

|

« NOTEで巡る中華蕎麦はやし | トップページ | 海の幸とプラグ交換 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/108608/56893277

この記事へのトラックバック一覧です: 単眼鏡や双眼鏡:

« NOTEで巡る中華蕎麦はやし | トップページ | 海の幸とプラグ交換 »