2024年5月22日 (水)

爺ラーメンを食べられる幸せ

天気がいいので、
ラーメン爺でお昼を頂きつつ
今日の行動開始です。

Img_20240522_1110291

11時頃来店しました~。

Img_20240522_110022

そんなに食べられないかなぁ…
と思ったのですが、
爺ラーメンを頂けるチャンス。
チャーシュー丼セットを
注文しました(+150円)。

Img_20240522_1100261Img_20240522_1100321

ミニチャーシュー丼に、数量限定の
サービスおしんこを頂きました。

Img_20240522_1101531

爺ラーメン(650円)。
本場の竹岡式は
まだ食べたことないのですが、
尖ったスープと、刻みネギのシャキ感。
たっぷりのチャーシューで、
食べ応え十分。

ミニチャーシュー丼を食べると、
私の場合、満腹気味になります。
が、結局、毎回頼んじゃいますね(笑)。

このラーメンが食べられる幸せが有難い。
店主もおばあちゃんも
いつまでも元気でいて欲しいです。

Img_20240522_112213Img_20240522_113800

お腹満腹になり、
暑いですけど、
公園でお散歩。

Img_20240522_1136121

なんとものどかでいいですねぇ。
真空ボトルにアイスコーヒーを入れてあるので、
ベンチにすり流れる雲を
眺めながらのコーヒータイムがいい。

Img_20240522_113651Img_20240522_113112

快晴の青空もいいですが、
雲が流れている方が、
動きがあって飽きません。

Img_20240522_1144061Img_20240522_1152411

花が綺麗で、
それを眺めるのも安らぎます。

ミラーレスカメラでも撮影しましたが、
スマホのカメラで撮影した画像の方が
印象が強い気がします。

Img_20240522_1153071

調子に乗って、
画像てんこ盛りで記事を書いていたら、
サーバー容量がひっ迫する事態となってました。
うーん、容量を増やす契約が必要かもしれません。

| | コメント (0)

2024年5月19日 (日)

見た目以上のボリューム、牛すじぶっかけ丼(牛辰吉川)

日曜の午前、曇天、帰宅道中。
牛辰の開店時間にあと少しだったので、
近くのトレファクで時間潰し。
また、微妙なものを買いました。
買ったものは後程…。

Img_20240519_1134321min

久々なので、
何を食べようか…。
らいすかれー屋さんなので、
カレー系に行けばいいのですが、
どうにもあまのじゃくな私の胃袋…。

Img_20240519_1134241min

牛すじぶっかけ丼(800円)にくぎ付けです。

Img_20240519_113616min

お座敷スベースしか空いてませんでしたが、
開店直後だったので4人掛けの席に座りました。
奥の席は初めてだったので、
雰囲気にまたやられました。

Img_20240519_113721min

相変わらず古い昭和歌謡が流れて、
リアルタイムではないので、
詳しくはないのですが、
「おらは死んじまっただー…♪」と、
フォーククルセーダースの
帰って来た酔っ払い』という曲が流れていました。

Img_20240519_1138001minImg_20240519_1137061min

水がジョッキで出てきます。
なんだか、いい感じです。
紙ナプキン入れも懐かしい。

Img_20240519_1143011minImg_20240519_1152111min

このお店は雰囲気も最高なんですよね。
箸やスプーン、つまようじ入れまでがレトロ。

Img_20240519_1142491min

ついにお香まで
セットアップされているのか?
と思いきや、灰皿でした(笑)。

Img_20240519_115356min

そんな風に思い懐かしんでいるうちに
牛すじぶっかけ丼の到着です。

Img_20240519_1154021minImg_20240519_1154051min

最高のビジュアルでした。
この丼、意外と大きくて、
ご飯もたっぷりだったのです。

おしんこと、
お好みのぶっかけ汁が付いてます。
これは牛丼のつゆだくみたいなものか?
と、丼にすべてを投入してみました。

Img_20240519_1155401min

サラダとスープが時間差で到着です。

Img_20240519_115437min

ぶっかけ丼になった状態。
お腹が空いていたので、
余裕だと思っていたのですが、
食べ終わってみると相当に満腹でした。

Img_20240519_1204221minImg_20240519_1204061min

懐かしのブリキ看板と、
お店のウィンドウを飾る懐かしグッズ達も素敵。
もちろん、店内は昭和歌謡に引けを取らないほど
見事なまでの”懐かし空間”です。

美味しくてとても満足感が高いです。
次は原点に戻って
かれーを頂こうかなぁと思います。

Img_20240519_124858minImg_20240519_125255min

リサイクルショップで入手したのは、
LEDライトでした。
何本か同じような価格で売ってましたが、
一番小さくて、テールの形状が面白い
こいつをチョイスしてみました。

Jetbeamというメーカーの、
JET-1MKという単三電池1本仕様のライトです。

主な仕様は
単三電池で最大150ルーメン、
14500電池(リチウム)では最大480ルーメン。
IPX8防水(水中2メートル)。LEDはCREE社製「XP-G2」。
ツイスト式スイッチでON/OFFと3段階 の明るさ切り替え。

後部にはポケットクリップと
ランヤードホール、三脚用のネジ穴を装備。

試しにリチウム電池(14500)を
入れて点灯させたら、
なかなかの明るさでした。
ただ、発熱が凄いので、
最大光量での長時間点灯は
気を付けた方がいいかも。

Img_20240518_112133minImg_20240518_112734min

オヌ夫妻から頂いた、
ベトナムのインスタントフォー。

Img_20240518_1121531minImg_20240518_1128101min

100均の電子レンジ調理機調理しました。
どのくらいの時間加熱すればいいのか、
微妙でしたがそれなりに完成。
調理時間をミスった気がします。
ちょっと緩かったかなぁと反省。

Img_20240518_1536211minImg_20240518_1540021min

同日、ベトナムのインスタントラーメンも
調理してみました。

Img_20240518_1540021minImg_20240518_1543191min

懐かしい感じの麺です。
スープはあっさりしています。
ピリ辛ですが、おやつ的な感じ。
紙製のパッケージがなかなかカワイイ。

Img_20240518_1239531minImg_20240518_1313561min

フロー状態を体験してみようと、
A4の用紙を万年筆で
ひたすら黒く塗りつぶしてみました。

しかし、細いFニブの万年筆なので、
どうにもスカスカになってしまいました。
ただ、結構集中できるのと、
達成感がそれなりにあるので、
例えば、ボールペンの芯を1本使い切るとか、
目標を決めて作業するといいのかもしれません。

| | コメント (0)

2024年5月17日 (金)

最近写した諸々シチュエーション…etc

またアポロチョコを
見かける季節になりました。

Img_20240515_1715211_20240522134601

カルミアのつぼみは
とってもキュートだと思います。

Img_20240507_1424001_20240522134501Img_20240507_1446051_20240522134501

レイクタウンアウトレット
ビレバンは相変わらずです。

Moriの島村楽器には、
もう廃盤だと思っていた、
オタマトーンの派生バージョンが、
今なお健在でした。

Img_20240515_1633321_20240522134501

高田馬場のBIGBOXは、
曇天の空で不穏な感じを醸し出しています。
チョイ古な感じが私の感性に響きます。

Img_20240516_1127071Img_20240516_1140341_20240522134501

沖縄の友人から頂いたソーキと沖縄そば。
なんちゃってソーキそばが旨し。

Img_20240516_1127201_20240522134501Img_20240516_1143111_20240522134501

自家製チャーシューでボリューミーな演出。
あと、ゆで卵をトッピング。
いやぁ、旨いですね。
本場を頂くとき、
味の答え合わせが楽しみです。

Img_20240516_122247Img_20240516_1651181_20240522134601

じゅーしぃの素。
レトルトを利用した混ぜご飯ですが、
なかなかの美味でした。
手軽でかなり美味しいので、
本場はもっとグッと胃袋にくると予想します。

Img_20240516_1405331_20240522134601Img_20240516_1405261_20240522134601

平日、沖縄の友人へのお礼を選びに
ららぽーと三郷にやってきました。
私にはこのくらいの規模が
一番、胸躍るようです。

Img_20240516_1421451_20240522134601

目的の品をゲットして、
まったりとした午後の
ラウンジカーを楽しみます。

Img_20240516_142140_20240522134601Img_20240516_142217_20240522134601

これ、無料なんです
このラウンジカーとは別に、
ダイニングカーも展示されているそうで、
また訪れて味わいたいと思います。

Img_20240516_1422391_20240522134601Img_20240516_1423261_20240522134601

内部は非常に綺麗ですね。
平日は利用者が少ないみたいで、
満喫度はかなり高めです。

Img_20240516_142320_20240522134601

富士重工業の製造で、
平成元年の車両。
西暦だと1989年とりますので、
2024年時点で35年が
経過しているということになりますね。

Img_20240516_1423391_20240522134601Img_20240516_1423471_20240522134601

過ぎた時間を確認するように、
経過した時間の流れを
見つける旅を楽しみましょう。

Img_20240516_1410521_20240522134601

カルディで瀬戸内塩レモンソーダの粉末を購入。
もうすでに夏日を記録しているので、
ちょうどいいアイテムかもしれません。

Img_20240516_1557431_20240522134601Img_20240516_1455351_20240522134601

青い扉が気になります。
あと、フードコートのAMARA
非常に気になりました。
昼食後の来店だったのでスルー。

20582057

翌日オヌ夫妻が来店し、
私に写真を送ってくれました。

なかなかボリューミーな感じですね。
ナンが超巨大に見えます。
これはダイニングカーの確認を兼ねて、
食べに行く必要性を強く感じました。

百年醬油特製ラーメンと合わせて、
味を堪能ミッションが増えました。

Img_20240517_1401271_20240522134601Img_20240517_1401351_20240522134601

母の畑の苗を買いにホームセンターへ、
私はマリーゴールドに夢中。

Img_20240517_1404021_20240522134601Img_20240517_1404101_20240522134601

苗を見るのもいいですね。
置物も無造作で素敵。

Img_20240517_1405151_20240522134601Img_20240517_1405111_20240522134601

マリーゴールドアフリカン。
普通のものに比べ、
かなりのボリューミー感。
同じ種類の花なのに、
こうも変わるのですね。

Img_20240517_1500061_20240522134601

用水の水は満ちて、
人々の暮らしのルーティンを
映し出していると感じました。

Img_20240517_150323_20240522134601

近所のスーパーでポリンキーと、
ドンタコスを購入。
これもルーティンなのでしょうかね。

| | コメント (0)

2024年5月14日 (火)

最近手に入れた諸々

天気のいい日は空の青さが深い。
まるでハードオフ・ブルー。

Img_20240514_120628

そういえば、ハードオフ
ずいぶんとご無沙汰だった気がします。

もっぱら、WonderREX
トレジャーファクトリー
行きがちでした。

Img_20240514_1233301_20240522140001

立ち寄った”ハドオフ”のジャンクコーナーで
ベルボンの自由雲台PH−163が
330円で売られていたので
思わずレジに並んでしまいました。

Img_20240514_1233251_20240522140001

ジャンクなので、
外装はそれなりに塗装剥がれてます。
ただ機能は問題なさそう。
唯一、3/4インチネジを
1/4インチにネジに変更する
ねじアダプターが欠品してました。

Img_20240515_0837351_20240522140001

Amazonで検索したら、
HAKUBAの止ねじアダプターが
安価だったので購入です。
168円でした。

Img_20240515_1303041_20240522140001Img_20240515_1302131_20240522140001

このアダプターを今回購入した
雲台の3/4インチネジ穴に装着すると、
1/4インチネジに対応できます。

Img_20240515_1303401_20240522140001

まるで純正品のようなフィット感。
この雲台はフィールドスコープの運用で使います。
耐荷重は5kgで私の所有する機材には十分。

メーカーのHPから情報が落ちた古い雲台ですが、
日本製でしっかりとしていて、
なかなかいい買い物をしたと思ってます。

2020年にベルボンの撮影用周辺機器が
ハクバと合併したそうです。
ベルボンのブランドはそのまま残っています。
ただ、アフターサービスについては、
ハクバに1本化されているようです。

ハクバ写真産業株式会社

Velbon


Img_20240515_125939_20240522140001Img_20240515_130034_20240522140001

zoomのマイクアダプター
MA2も手に入れました。

マイクスタンドに1/4ネジ機器を
セットするためのアダプターです。

樹脂製ボディの内部は中空で、
非常に軽いです。
1/4インチネジが飛び出てます。

Img_20240515_130112_20240522140001

意外と情報が少なくて
アダプター底部の形状が不明でした。
もしかしたら、底面にはネジ穴があるのではないか?
と期待したのですが、社名ロゴで封印されてました。

1/4ネジ機器用のマイクアダプターなので、
アクションカム程度の軽いカメラを
マイクスタンドにセットすると
面白い画像が撮れるかもしれません。

Img_20240514_154206_20240522140001

よく行くWonderREXで
アルコールバーナーを発見しました。

Img_20240514_154251_20240522140001Img_20240514_154239_20240522140001

EVERNEWのステンレスのやつです。
真鍮、アルミ、チタンが主流なので、
ちょっと珍しいアルコールストーブです。
ただ、この製品は既に廃盤のようです。

株式会社エバニュー

Img_20240515_1245521_20240522140001

試験燃焼は問題無し。
燃料タンク部が大容量で、
長時間燃焼が可能みたいです。
オプションの火力調整部品が付いてました。

Img_20240514_1716271_20240522140001Img_20240514_1716331_20240522140001

陽が伸びましたね。

なんだか最近は、
空の青さとか、
木々の緑とか、
妙に美しく感じます。

バイクで出かけるには、
丁度いい季節になりました。

| | コメント (0)

2024年5月12日 (日)

福龍中華料理

のぼりが無ければ
通り過ぎてしまいそう。

Img_20240512_1206411_20240522141301

中華料理福龍にオヌ夫妻と来ました。

Img_20240512_120647_20240522141301

空き缶で作った風車が素敵です。

Img_20240512_1214561_20240522141301Img_20240512_1212271_20240522141301

店内は綺麗に整頓されていて、
調味料もバッチリでした。

Img_20240512_121441_20240522141301Img_20240512_121423_20240522141301

各々定食を注文しました。
私はレバニラ炒め定食(1000円)。

Img_20240512_122242

先に頼んでいた餃子。
焼き色が完璧過ぎです(笑)。

Img_20240512_122332_20240522141301

ラーメンと半チャーハン(1050円)
非常にいいビジュアルです。
なかなかにボリューミィです。

Img_20240512_122943_20240522141301Img_20240512_122945_20240522141301

レバニラ炒めがやってきました。
ご飯の盛が良いです。
だいたいこの手の炒め物は
ちょっと濃い味付けが多いのですが、
これは味付けが絶妙でした。

Img_20240512_1227461_20240522141301

スープにおしんこ。
落ち着きます。

Img_20240512_1214561_20240522141301

単品ラーメンを
ずずっと啜りたいです。
旨懐かしいお店でした。

近くに草加健康センターがあります。
そこの百年醤油特製ラーメンも気になります。

サウナで汗かいて、
失った塩分を特製ラーメンで補う。
そんな休日を過ごしてみたくなります。

| | コメント (0)

2024年5月 7日 (火)

久々にコシのある風布うどん

GW明けの平日、雨降り、
11時ちょい過ぎ頃、
行く当て無く走っていたら、
風布うどんの前を通り過ぎました。
駐車場の埋まり具合を見て「これはチャンス」と
ちょっと走ってからUターン。

Img_20240507_1106201_20240522141701

このお店は3度目ですが、
1度目以外は雨降りの入店です。

Img_20240507_1107451_20240522141701Img_20240507_1108101_20240522141701

券売機で肉汁つけうどんの並を注文し、
カウンター席に座ります。
850円でした。

Img_20240507_110938_20240522141701

カウンターテーブルの表面が
味わい深くて好きです。

Img_20240507_1109541_20240522141701

カウンター席の壁面もいい。

Img_20240507_112049_20240522141901

コシのあるうどんなので、
提供までに少し時間がかかります。
そういえばクーポンとかあるのかな?
探していたら、
「ちくわの磯部揚げ」のクーポン発見!
後だしじゃんけん過ぎるので
「ダメかなぁ~」と思いつつも
ダメ元でお願いしてみると、
快く受けてくれました。

ラッキーでしたが、次回から
クーポンは先に準備しておきます。

Img_20240507_1120551_20240522141701Img_20240507_1120521_20240522141701

熱々のつけ汁と、
コシのあるうどん。
このうどんのしっかりした
のど越しにファンが多いのだと思います。

Img_20240507_1120581_20240522141701

熱々の磯部揚げは、
「はふはふ」しながら頂きました。

Img_20240507_1128541_20240522141701Img_20240507_1129001_20240522141701

営業時間は、
火曜~日曜日が
11時~15時まで。
但し、うどんが無くなり次第終了だそうです。

定休日は月曜日だそうです。

Img_20240507_1308151_20240522142001

レイクタウンKaze3階のビレバンは、
まだ昆虫食押しみたいです。

昆虫食のTAKEO

Img_20240507_130808_20240522142001Img_20240507_130829_20240522142001

それぞれ結構いい値段ですが、
中身?が展示されていました。
さ、サソリ!

Img_20240507_130832_20240522142001Img_20240507_130834_20240522142001

タランチュラ!、タガメ!…。
唯一イナゴの佃煮が苦手な私ですが、
このラインナップも無理です。

Img_20240507_1308011_20240522142001

国産こおろぎまぜそばとか、
正気の沙汰とは思えません…。
さすがはビレッジバンガード

Img_20240507_133623_20240522142001

一方、同じKazeの2階のTUTAYAでは、
ご当地ラーメンイベントがやってました。

Img_20240507_1336291_20240522142001Img_20240507_1337191_20240522142101

おおっ、鳥好き用ラーメン”ブンチョウ”。
スパイシーな香り?と思ったら、
カレー味でした。

キリマルラーメン

水浴び後の文鳥はちょっと香ばしいですが、
カレーの香はしませんね(笑)。

シマエナガラーメンも気になります。

藤原製麺

Img_20240507_1349421_20240522142901

カレーのイベントもやってて、
一番目を引いたパッケージがこれ。

大阪のカレーやデッカオのカレーを再現した
レトルトカレーだそうです。

調べるうちに気になりだしたので、
トライしちゃうかもしれません。

GWが終わり、
ようやくイオンレイクタウンにも、
平日の静けさが戻って来たようです。

Img_20240507_140941_20240522142001

Mori3階のおかしのまちおか
購入したものです。

Img_20240507_1411341_20240522142101Img_20240507_1412071_20240522142101

DARSの香る苺ですが、
どうしてこれほどパンダ押しなのか?
実はパッケージの開放とは
全く関係のない誘導にひっかかりました。

Img_20240507_1414081_20240522142101Img_20240507_1414321_20240522142101

こんなところにまでパンダが…。
しかし、チョコは旨しですね。
香る苺が見事な再現です。
どうして安売りされているか、
訳がわかりません。

Img_20240506_115212_20240522142001

博多ラーメンの洋ちゃん食堂
久々に訪れました。

Img_20240506_1201121_20240522142001

ラーメン(850円)を券売機にて注文です。

Img_20240506_115408_20240522142201Img_20240506_115411_20240522142401

久しぶりなので、
麺の硬さのオーダーを忘れてました。
とっさに”カタ”で注文。
お冷はセルフです。

Img_20240506_1154291_20240522142001Img_20240506_1201291_20240522142501

麺量は替え玉前提な感じ。
私には丁度良い、腹八分的な感じでした。
麺の硬さはカタでもよかったと思いますが、
もう少し硬め…極端にハリガネとか注文しても、
おもしろかったかもしれないと、少し後悔。
優しい味の博多豚骨スープを飲干して
ご馳走様でした~。

| | コメント (0)

2024年5月 6日 (月)

象の滑り台のある公園(あかぎ児童遊園)

ドーナツもりという邦画を見ました。
映画の舞台は神楽坂周辺。
ドーナツショップは実在のもの。
劇中に出てくる公園にある象の滑り台、
その造形が妙に気になります。

ドーナツもり・wiki

新宿区立あかぎ児童遊園

Img_20240506_0920201_20240522144101

カバンにはスマホと
Instax Palしか入ってませんが、
写真を撮りに行きたくなりました。

Img_20240506_092210_20240522144101

神楽坂駅からは本当に近くて、
スマホのナビに従って進みます。
この看板に公園入口とあります。

Img_20240506_0922051_20240522144101

狭いですけど、
あやしい…。

Img_20240506_092311

ゆるやかな階段を降りると、
小さな広場が広がります。
綺麗に整備されています。

Img_20240506_0948361_20240522144101

驚いたことに、
先日発見したベンチが
ここにもありました。

Img_20240506_0924081_20240522144101Img_20240506_0924391_20240522144101

埋まったカバ!
昔はよくこういうのが
公園にありましたよね。

Img_20240506_0925311_20240522144401Img_20240506_0943461_20240522144401

象とか亀とか、
かなり年季が入ってますが、
現役選手ですねぇ。

Img_20240506_094753_20240522144401Img_20240506_094626_20240522144401

象の滑り台。
なかなかの造形です。
滑って見たかったのですが、
私のお尻がこの滑り台の規格に
マッチしていないので断念。

Img_20240506_0946381_20240522144601Img_20240506_0947291_20240522144601

2頭の象の組み合わせ。

Img_20240506_0946581_20240522144601Img_20240506_0947021_20240522144601

瞳が妙にリアルな造形です。
大きな耳から生えた手すり。

Img_20240506_0947161_20240522144701

滑り台の角度は結構ある気がしますが、
途中で平坦になるので、
子供が滑るのには丁度いいでしょう。

Img_20240506_0949191_20240522144701

開門時間は、
午前8時~午後6時(4月~10月)
午前8時~午後5時(11月~3月)
だそうです。

Img_20240506_0948591_20240522144801Img_20240506_0925001_20240522144801

こういう公園は姿を消しつつあるので、
ちゃんと維持管理されているのが素晴らしい。

Img_20240506_0924311_20240522144801Img_20240506_0948201_20240522144801

砂場やトイレ、
水飲み場もあります。

Img_20240506_0947441_20240522144901

ここは坂が多い場所みたいのなので、
土地の高低差をうまく活用した
遊具なんですね。

滑り台の幅は相当狭いです。

Img_20240506_094757_20240522144901

公園を見渡す風景もなかなかです。
ドーナツを買って
ここで休憩するといいかも。

Img_20240506_094130_20240522144901

商店の壁面に描かれたアート。
ゆるさがたまりません。

Img_20240506_0933121_20240522145001Img_20240506_0932591_20240522145001

ドーナツもりは公園から近いです。
コンクリートのゆるい階段が
お店の入口に延びています。

Img_20240506_0933401_20240522145001

結構、ドーナツの種類が
あるみたいですね。

Img_20240506_093328_20240522145001

時間が早いのでお店はやってません。
また今度、ちょうどいい時間に
訪れてみたいと思いました。

ドーナツもり公式HP

Eadbf32aadd0450a8b47d34926564881
instax Palで撮影した画像を、
Palのアプリでモノクロにしたものです。

Dd39e41790fe462d8f31bac91e0a363c 6d311663b7304f3aa785da73127853a1

モノクロに変換して、
コントラストと明るさを
てきとうに変更しています。

59d4c67e450a475b85a7e7dc3011366f

やはり、この象の目が
とても印象的でした。

Img_20240505_0922131_20240522145001

頂き物のパクチーラーメン。
さっそく食しました。

Img_20240505_092246_20240522145001Img_20240505_092757

復刻版だそうです。
私自身はパクチーに対して
それ程抵抗は無い筈なのです。
しかしながら、パッケージに印刷された
「たっぷりパクチー」文字には、
少なからず戦慄を覚えました。

Img_20240505_092838_20240522145001

100円ショップで入手した、
レンジラーメン調理器具を駆使します。

Img_20240505_0929101_20240522145001

スープと、
謎のオイルと、
パクチー…。

一番袋が大きいのが、
パクチーの奴。

思わず手が震え、
画像にぶれが発生してしまいました。

Img_20240505_092946_20240522145001

結構なパクチー臭が空間に立ち込めます。
これ、復刻版を出すほどに
人々が求めているのでしょうか?
完食しましたが、
橋を進める程に謎は深まるばかりです。

| | コメント (0)

2024年5月 3日 (金)

魅惑のこってり中華そば 福や(三郷)

GW…どこへいっても渋滞なので、
以前、オヌに教えてもらった
三郷の中華そば福やに来ました。

Img_20240503_1202301_20240522150001

昼チョイ前でしたけど、
待たずに入店です。
全てがとても懐かしい感じ。

Img_20240503_114651_20240522150001

初めてだったので、
気になっていた
背脂のたっぷり浮いた
中華そばを探します。

Img_20240503_1147281_20240522150001

セルフでお水を注いで、
焦る気持ちを落ち着かせます。

Img_20240503_1146561_20240522150001

中華そば(650円)は、
あっさり、中間、こってりが選べるようです。
最初から無謀かとは思いましたが、
こってりで注文してみました。

Img_20240503_1152101_20240522150001

調味料も年季の入った
ちょっと懐かしい入れ物に入ってます。

Img_20240503_1150061_20240522150001

お孫さんのおもちゃだったのでしょうか、
窓辺に並んだおもちゃ群の中に、
ゆるいパンダのスノードームを発見しました。

Img_20240503_115322_20240522150001

中華そばのこってりが到着。
まさにこれですよ…望んでいたビジュアル。
これ、中華麺が懐かし旨し。
海苔がいいアクセントになってます、
表面にたっぷりの脂との相性も抜群。
メンマとチャーシューもバッチリで、
とてもバランスがいいと思いました。

結局、こってりスープを、
完飲するほどにのめり込みました。

Img_20240503_1159401_20240522150001

さて、お財布からお代を準備していたら、
珈琲がサービスで出てきました。
小さく可愛いカップに注がれた珈琲。
普段はお砂糖は入れない派なのですが、
こってりスープを飲みほした後は、
お砂糖入りの珈琲がやけに旨く感じました。

Img_20240503_1201481_20240522150001

演歌歌手のポスターも貼ってあって、
昭和、平成、令和が交錯する、
なんとも不思議な時の流れる空間でした。

佐々木麻衣/約束岬

Img_20240503_1621401_20240522150101Img_20240503_1622571

GW後半戦は穏やかな天気でスタートしました。

Img_20240503_1622111_20240522150101

ブラブラ歩くとちょっと汗ばむ陽気です。

Img_20240503_161347_20240522150201

Dsc01917

最近はこのパープルのコンデジも
持ち歩いています。
フォーカスが結構早くて、
カメラお任せでバッチリな写真が撮影できます。
ゆるーいお散歩のお供には丁度いいサイズ。

SONY DSC-WX7 中古で買いました。

Dsc019181 Dsc019251

最近はスマホカメラの性能が良くなりました。
もう、スマホで充分じゃないかな?
という気がしますけど…。

デジカメといえば高機能/高価格なミラーレス機が
業界では製品の主流となっているようです。

趣味の領域とはいえ、
最新機は値段が高すぎて、
簡単に手が出ません。

また多機能過ぎて、
性能を持て余します。

そんな背景もあってか、
中古で比較的安価に入手できる
ちょっと古めのクラシックコンデジで撮影し、
ユルくてエモイ写りの写真を楽しむ事が、
流行ってるみたいですね。

Dsc019531

ふと立ち寄った公園。
陶器製のベンチに、
懐かしい遊びが印刷されています。

Dsc01946 Dsc01948

コンプリートしたくなって、
一通り撮影しちゃいました。

Dsc01947 Dsc01949_20240503173301

私以外、誰もいない日中の公園…。
なんともさみしいようなシチュエーションですが、
降り注ぐ太陽光線がそれをはねのけてくれます。

Dsc019551

ただタイミングが悪かっただけ。
きっとGW以外は、
子供達で賑わっているのでしょう。

Dsc019651 

ただのベンチだけれども、
子供たちに遊びを伝承してくれる。
素晴らしい発想だと思います。

Dsc019731 Dsc019721

太陽光線が、
草花に反射して、
緑が跳ねる。

活気に満ちあふれている、
誰もいない静かな公園でした(笑)。

| | コメント (0)

2024年5月 2日 (木)

結局、極みを頂きました

GWのなか日は穏やかです。

Img_20240502_0915541 Img_20240502_0918331

神田川の鯉のぼりを眺めたり、
卓上エンドレスサワーの
飲み放題看板で妄想したり…。

まさに白日夢のようです。

Img_20240502_092050

高田馬場駅前にある、
橋脚壁に描かれた手塚治虫
キャラクター達は復活してました。

Dsc01886 Img_20240502_102413

先日の牛タンカレーパンで、
極みをチョイスしなかった事で
少しモヤモヤしていたので
越谷レイクタウン駅にて途中下車。

Img_20240502_1028081 Img_20240502_1035041

イオンレイクタウン

途中の看板アートにくぎ付けです。
どうやって描いているのでしょうね。
アウトレットエリアに直行です。

Dsc01902_20240502212501

所々リニューアルされています。

Dsc019051

アウトレットエリアは、
花がとても綺麗なんです。

Img_20240502_1036241

カレーパン祭り会場に到着です。
まだ早い時間なので、
人もまばらです。

Img_20240502_1037391 Img_20240502_1038191

極み(500円)をGetしました。
旨し…ただ、肉感を楽しみたい人には
通常の牛タンカレーパンの方が
オススメかもしれません。

希望の丘ベーカリータパン

極みは薄くスライスした牛タンが入っているので、
ジューシー感という点では
普通の角切り牛タンが入った方が
私には好みでした。

Img_20240502_1043161 Img_20240502_1043391

まだ満たされない胃袋…。
Bakeryペンギン北海道
カレーパンフォンデュ(400円)も頂きます。

Img_20240502_1043571

これも旨し。いろいろ試したいのですが、
カレーパンは結構油っぽいので、
胃が厳しい状況となります。

Img_20240502_104658

天気はいいですが、
気温はマイルドで過ごしやすい。
風は若干涼しい感じです。

Img_20240502_1048021

前回スルーしてしまった、
生絞りオレンジジュースにも挑戦。
このタイプの自販機は初めて利用します。

Img_20240502_1049081 Img_20240502_1049171

350円投入すると、
何もアナウンスも無く、
いきなり動作開始するので、
ちょっと驚きです。

機械の一部がシースルーになっているので、
ちょっとワクワクしながら見守ります。
約45秒で出てきます。

Img_20240502_1050261

ベンチに座って頂きます。
氷は入ってませんでした。
生オレンジジュースは予想を超えて旨いです。
350円の値段を考えなければ、
もっと飲みたいくらいでした。

Img_20240502_104720

無人カフェスタンドのroot Cも面白そうです。
アプリで指定した時間にコーヒーを提供する、
ロッカータイプの珈琲自動販売機。

今回はスルーしたので、また今度挑戦です。

Img_20240502_1047451 Img_20240502_1047311

1杯300円だそうです。

Img_20240502_1109081 Img_20240502_1109001

シルバーゾーンを渡ったり、
初めての道を歩きます。

Img_20240502_1111101 Img_20240502_1111551

トンネルをくぐったり、
地蔵さんご挨拶したり…。

Img_20240502_111808 Img_20240502_111947

新しい橋を徒歩で渡るのは初めてでした。
橋の上からの眺めはなかなかいいですね。

Img_20240502_1119431

まだ4車線全てが
開通している状況ではないようです。

Img_20240502_1143491 Img_20240502_1143571

ピンク色の桜で満ち溢れていた場所は、
まぶしい緑に包まれていました。

Img_20240502_1144101

用水路も満たされ、
田畑に水を供給する時期なのですね。
2024年のGWは天気が良さそうです。

| | コメント (0)

2024年4月30日 (火)

世界のサンド博2024(イオンレイクタウンMori)

バンドフェスで焼けた首が痛いです。
少しまったりするために
イオンレイクタウンに来ましたが、
GWのなか日は意外と人手が多いようです。

Img_20240430_115430 Img_20240430_115408

人が多い時点で、
もう帰ろうかな?と思ったのですが、
世界のサンド博に吸い込まれました。

Img_20240430_1200581 Img_20240430_1157271

テレビの撮影隊も来ていて、
インタビューされている光景も見えました。
行列の出来てたキューバサンドに並びます。

CUBAN SANDWICH & DELI AHINAMA(東京・上野)

Img_20240430_1207191 Img_20240430_1208021

エル・クバーノのハーフ(600円)と、
キューバ・モヒートのノンアル(500円)をチョイス。
モヒートのミントが実に爽やかでした。

Img_20240430_1210551 Img_20240430_1211031 

これだけではまだお腹的には
まだ微妙なので、もう一店。

Img_20240430_1216081 Img_20240430_1216001

トルコのお店から面白い掛け声が聞こえてきます。
その愛嬌のある掛け声に足を止め、
面白い作り方に見入っちゃいました(笑)。

Img_20240430_1218311

タントゥーニのラップ(750円)を頂きました。
インタビューされないか、
心配なので(自意識過剰?)
撮影隊から距離をとって頂きます。

Img_20240430_1222001

このお店は1つを半分に切って
別々に包んで提供してくれたり、
対応も柔軟かつ和やかで良いです。

Img_20240430_1232021

お腹も満たされたし、
人も多いので帰ろうと、
アウトレットエリアを横切ると、
生ジュースの自動販売機を発見。

その値段は1杯350円。

最近は不作によるオレンジ果汁の高騰で、
ジュースも出荷停止になっている状況なので、
チャンスなのかもしれませんが、
とりあえず私はスルーです。

Img_20240430_123417

しかし、牛タン…しかもカレーパンとの融合を発見。
これは別腹と、胃袋のスペースが
自動的に整理されるわけではないので、
ここもスルーしようと思ったのですが…。

Img_20240430_1235491 Img_20240430_1237301

手を出してしまいました。
通常の牛タンカレーパン(400円)です。
牛タン1枚入りの極み(500円)と迷いましたが、
のちにこの事をひどく後悔したので、
オススメは極み一択だと確信しています。

実は、近所のスーパーが、
Waon支払いに対応したので、
Waonチャージもして帰りました。
キャッシュレス決済本当に便利…

と思ったのですが、
レジでの切り替え操作に店員さんが
少し手間取るらしいです…Orz。

Img_20240430_110850

CASIO GW-5600-J1F
サポートページ

久々に取り出した
ソーラー電波のG-Shock。
なんと、液晶が消えてました。
充電不足なのかな?と思い、
ボタンを操作してみるも、
状況に変化無し…。

これ2010年に購入したので、
10年以上電池交換無しでした。
(電池切れ発覚≒2024年)

通常モデルも10年位電池無交換だった
という話も聞くので、
G-SHOCKの5600シリーズは
なかなかにタフですねぇ。

しかーし、この事態を6年前に予見していた私。
(電池を買ってたことも忘れてましたが…)
準備しておいた2次電池を使って、
早速オペを試みました。
(写真は電池交換後のものです)

使用した2次電池は
Panasonicの CTL 1616
という型番で2018年に
Amazonで1295円で購入していたものです。

無事復活…
良かった。

交換自体は簡単なので、
YoutubeやWeb情報で
しっかり注意ポイントを
予習しておくといいでしょう。

自分で交換する場合は自己責任で!

| | コメント (0)

«白岡バンドフェスティバル 2024